2023/06/27

藤田新策氏『異能機関』を語る

2023年6月27日 スティーヴン・キングの『異能機関』の装画を担当された藤田新策氏が自らのブログ「Shinsaku Fujita Private View 藤田新策私見」『異能機関』について語っている。

『異能機関(インスティチュート)』

なお、藤田新策氏のブログでは自らが手がけた装画そのままのイラスト(タイトル等の文字が入っていない状態の、いわゆるノンテロップ版のイラスト)を見ることができる。

関心がある方は是非。

Photo_20230627194601

なお、藤田新策氏は2023年5月12日に『乱歩えほん 押絵と旅する男』あすなろ書房から出版している。これまた素晴らしい絵本なので、機会があれば是非。

『乱歩えほん 押絵と旅する男』
原作:江戸川乱歩
画と文:藤田新策
出版社:あすなろ書房 『乱歩えほん 押絵と旅する男』紹介ページ

 

| | | コメント (0)

2023/06/26

キング特製ステッカー「フォロー&リツイート プレゼント」キャンペーン

キング特製ステッカー

2023年6月26日 文藝春秋社において、「『異能機関』発売記念! スティーヴン・キングの世界フェア」がスタートし、キング特製ステッカーが当たる「フォロー&リツイート プレゼント」キャンペーンが開始された。

スティーヴン・キングの世界フェア

フェアの概要は次の通り。

「モダン・ホラー」の帝王として君臨する巨匠、スティーヴン・キング。1974年のデビューから『呪われた町』『シャイニング』『IT』といったホラー小説を次々に執筆してきたスティーヴン・キングが、間もなく作家生活50周年を迎えます。

本日発売の『異能機関』は、超能力少年少女と謎の組織〈研究所〉の対決を描く、SFエンターテインメント作品。
電子書籍編集部では本作の発売を記念し、電子書籍の主要ストアにて既刊作品がお得に購入できる〈スティーヴン・キングの世界フェア〉を開催します。
さらに、〈スティーヴン・キングの世界フェア〉の告知ツイートをフォロー&リツイートしていただいた方の中から抽選で50名様に、「キング50周年記念ステッカー」をプレゼントします!

キング特製ステッカーが当たる「フォロー&リツイート プレゼント」キャンペーンの告知ツイートは次の通り。

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異能機関 上 [ スティーヴン・キング ]
価格:2,970円(税込、送料無料) (2023/6/12時点)


 

 


 

| | | コメント (0)

2023/06/24

ゲーム『アラン・ウェイク』冒頭のスティーヴン・キングの言葉の引用はわずか1ドルで権利が譲渡された

Ii

2023年6月23日にEurogamer.netが伝えるところによると、2010年にリリースされたサイコロジカルアクションスリラーゲーム『アラン・ウェイク』の冒頭で主人公アラン・ウェイクが引用するスティーヴン・キングの言葉は、わずか1ドルでその権利が譲渡された模様。

なお、これは2023年10月にリリースされる『アラン・ウェイクII』のプロモーションの際に、ゲーム製作会社レメディー・エンターテインメントのクリエイティブ・ディレクター サム・レイクが明らかにした模様。

Stephen King gifted Alan Wake's opening quote to Remedy for just $1

なお、『アラン・ウェイク』(2010)冒頭のアラン・ウェイクのモノローグは次の通り。

"Stephen King once wrote that 'Nightmares exist outside of logic, and there's little fun to be had in explanations; they're antithetical to the poetry of fear.'

"In a horror story, the victim keeps asking 'why?' But there can be no explanation, and there shouldn't be one. The unanswered mystery is what stays with us the longest, and it's what we'll remember in the end. My name is Alan Wake, I'm a writer."

ちなみにこのスティーヴン・キングの言葉は、2008年のEntertainment Weeklyの記事からの引用。

"Stephen King: Why Hollywood can't do horror"

引用された部分("Nightmares exist outside of logic, and there's little fun to be had in explanations; they're antithetical to the poetry of fear.")の引用元が含まれているパラグラフは次の通り。

One more problem: Big movies demand big explanations, which are usually tiresome, and big backstories, which are usually cumbersome. If a studio is going to spend $80 or $100 million in hopes of making $300 or $400 million more, they feel a need to shove WHAT IT ALL MEANS down the audience’s throat. Is there a serial killer? Then his mommy didn’t love him (insert flashback). A monster from outer space? Its planet exploded, of course (and the poor misunderstood thing probably needs a juicy Earth woman to make sexy with). But nightmares exist outside of logic, and there’s little fun to be had in explanations; they’re antithetical to the poetry of fear.

ここでキングが語っているのは、ホラー映画において、恐怖の存在がそうなった原因を観客に説明してしまうと、その物語はホラーではなく単なる勢力争いの物語に矮小化されてしまう、と言うよくある問題について面白おかしく語っています。

この記事でキングは自身が感じる恐怖の本質がどこにあるのかを明らかにしていて非常に興味深いです。

Photo_20230624150401
また、キングが最も怖い瞬間として記憶しているのはこの記事によると、ジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)で、ヒロインであるバーバラ(ジュディス・オーディア)が白髪のゾンビに追われて自動車に閉じこもるのですがが、すでにゾンビにやられてしまった兄ジョニー(ラッセル・ストライナー)が自動車のキーを持っていたことに気付き、そのゾンビは地面にしゃがみこみ、石を見つけてて弱々しく車の窓をたたき始めるところであったり、『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』(2008)で、ベッドの下に隠れようとするリヴ・タイラーがベッドの下は自分には狭すぎることに気付くところであったりするのが非常に興味深い。スティーヴン・キング作品でそれに似たような瞬間の描写が多々あるのが思い出されます。

Photo_20230624150501

話を戻しますが、スティーヴン・キングは若い映像作家に1ドルで自分の作品の映画化権を譲渡すること【ダラー・ベイビー】で知られていますが、今回の1ドルで自らの言葉を引用する権利を譲渡するのも、その一環なんでしょうね。

ダラー・ベイビー(Dollar Baby)またはダラー・ディール(Dollar Deal)とはスティーヴン・キングが学生や映画監督志望者を対象に自身の短編小説の映画化権を1ドルで与えるというもの、またそれによって製作された映画作品のこと。

| | | コメント (0)

2023/06/12

【スティーヴン・キング作家生活50年特設サイト】公開開始

50_20230612150401
2023年6月1日 文藝春秋社のサイトにおいて、【スティーヴン・キング作家生活50年特設サイト】が公開されました。

【スティーヴン・キング作家生活50年特設サイト】

 

| | | コメント (0)

2023/06/11

『デビュー50周年記念! スティーヴン・キングを50倍愉しむ本』無料配信開始

『デビュー50周年記念! スティーヴン・キングを50倍愉しむ本』
2023年6月2日 文芸春秋社より電子書籍『デビュー50周年記念! スティーヴン・キングを50倍愉しむ本』が無料配信された。

『デビュー50周年記念! スティーヴン・キングを50倍愉しむ本』
編者:文藝春秋電子書籍編集部
配信日:2023年6月2日
出版社:文藝春秋

2024年にはデビュー50年を迎えるスティーヴン・キング。そこで、新作『異能機関』刊行と50周年を記念し、無料の電子書籍を制作しました。

本書に収録されているのは、まず、短編『ローリー』。本邦初訳となる、ここでしか読めない作品です。また、『異能機関』の試し読み版として、1章「夜まわり番(ナイトノッカー)」の抜粋もたっぷり収録しています。

『異能機関』の翻訳者、白石朗さんも登場。同書の担当編集者を相手に、新作の魅力を通して「いま」のキングの楽しみ方を語っていただきました。

そして「キング代表作マトリックス」。縦軸に「リアル―幻想と怪奇」、横軸に「怖い―エモい」を取り、キングの代表作をそれぞれ位置づけ、解説を付しました。キングを読んでみたいが、その膨大な作品群からどれを選べば……と悩んでいる人にとって、格好のガイドになっています。

キングファン、ホラーファン、そしてキング初心者、いずれの方々にもご満足いただける無料電子書籍です。

| | | コメント (0)

2023/06/10

『異能機関』は2023年6月26日発売

『異能機関』
2023年6月26日 スティーヴン・キングの長編小説『異能機関』が文藝春秋社から発売される。原題は "The Institute" (2019)

『異能機関(上・下)』
著者:スティーヴン・キング
訳者:白石朗
装画:藤田新策
発売日:2023年6月26日
出版社:文藝春秋

異能の少年少女を拉致する謎の機関〈研究所〉。
彼らは子供たちの超能力を利用して何を企図しているのか。
冷酷なるくびきから逃れるため、少年は知恵をめぐらせる。

ミネソタ州ミネアポリスに暮らす12歳の少年ルークは、両親こそごく平凡だが、優秀な子供の特待校に通う神童だ。彼にはちょっとした特殊能力があった。ふとしたときに、周りのごく小さな物品をふれることなく動かしてしまうのだ。と言っても、それは他人が気づくほどのことでもない。

一流大学MITの入学内定を勝ち取ったルークだが、ある夜、3人の不審な男女が眠る彼をかどわかす。目覚めたルークが見たのは、自分の部屋そっくりにしつらえられているが、何かが違う一室だった。扉の外は自宅とは似ても似つかぬ、古びた大きな施設。そこには様々な少年少女が拉致され、自室と似た部屋を与えられて戸惑いながら暮らしていた。

目的も知れぬこの〈研究所〉で、残忍なスタッフや医師に、気分の悪くなる注射や暴力的な検査を繰り返される少年少女たち。彼らの共通点は「テレキネシス」か「テレパシー」の超能力を持っていることだった。

ルークは黒人少女カリーシャ、反抗的な少年ニック、幼く泣き虫だが強いテレパシーをもつ男の子エイヴァリーらと知り合うが、一定期間検査を受けた子供はひとり、またひとりと〈研究所〉の別棟〈バックハーフ〉へ連れ去られ、決して帰ってこないのだった。ルークはこの不穏な施設からの逃亡計画を温めはじめる――。

乞うご期待

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異能機関 上 [ スティーヴン・キング ]
価格:2,970円(税込、送料無料) (2023/6/12時点)



| | | コメント (0)

2022/10/09

『ハリガン氏の電話』がNetflixで公開中

01

2022年10月5日 Netflixでスティーヴン・キング原作の『ハリガン氏の電話』(2022)が配信された。

『ハリガン氏の電話("Mr. Harrigan's Phone")』はスティーヴン・キングの中編集『If It Bleeds』(2020)に収録されている中編小説。

『ハリガン氏の電話』(2022)
監督・脚本:ジョン・リー・ハンコック
原作:スティーヴン・キング 『Mr. Harrigan's Phone』(『If It Bleeds』に収録)
出演:ジェイデン・マーテル、ドナルド・サザーランド、ジョー・ティペット、カービー・ハウエル=バプティスト、サイラス・アーノルド、コリン・オブライエン、トーマス・フランシス・マーフィ、ペギー・J・スコット

あらすじ:メイン州の田舎町に暮らす少年クレイグ(ジェイデン・マーテル) は、富豪の老人ハリガン(ドナルド・サザーランド)への読み聞かせのアルバイトを行っていた。やがて老人は亡くなり悲しみに暮れるクレイグだったが、クレイグがハリガンの棺に納めたスマートフォンからクレイグにメッセージが届くようになったが・・・・。

以前のエントリー【「If It Bleeds」映像化情報】でお話ししたように、『ハリガン氏の電話』のモチーフはエドガー・アラン・ポーの『早すぎた埋葬』(1844)。


ポーの『早すぎた埋葬』が執筆された19世紀には、生きながら埋葬されることへの恐怖があり、その恐怖は土葬が主流であった当時の西欧社会には深く根付いていた。実際、当時の西欧社会では医師によって生者が死者と誤診されるケースが何百とあったらしい。

そして、その生きたまま埋葬されてしまうことへの恐怖から、ポーの『早すぎた埋葬』にも登場する棺の内部から外部へ助けを求めることができる装置やその連絡装置付きの「安全
棺」が実際に考案され使用されていた。(安全な棺)

スティーヴン・キングの『ハリガン氏の電話("Mr. Harrigan's Phone")』では、棺の内部から外部へ助けを求めることができる装置やをiPhoneとした訳である。
この『早すぎた埋葬』をモチーフにした作品は非常に多く、キングの作品に限っても、『第四解剖室』(短編集『第四解剖室』に収録、新潮文庫刊)であるとか、同じくポーの『アモンティリヤアドの酒樽』をモチーフにした『ドランのキャデラック』(短編集『ドランのキャデラック 』に収録、文春文庫刊) もある。

02
さて『ハリガン氏の電話』だが、主演は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)シリーズでビル・デンブロウを演じたジェイデン・マーテル。ティーン向けのホラー作品ではなく、本作のような作品に出演している点は、スティーヴン・キングファン的にも嬉しいところである。
03
また金融界の大物で、iPhoneと共に埋葬されてしまう老人になんとドナルド・サザーランド。最近は『ハンガー・ゲーム』(2012)シリーズの人になってしまっていたので、こういった作品に出演してくれてるいのは嬉しい。

物語は先ほどからお話ししているようにポーの『早すぎた埋葬』をモチーフにしているのだが、そこはキング。 『早すぎた埋葬』を超えたところに観客を連れて行ってくれる。

なお、本作『ハリガン氏の電話』は2022年10月5日にNetflixで配信が始まったばかりなので、物語の詳細については割愛するが、関心がある方は是非視聴して欲しい。

ここ最近のキング原作の映像化作品は以前と比較してハズレ作品が少なく、本作も素晴らしい作品に仕上がっていることを申し添えておく。

 

| | | コメント (0)

2022/09/24

「アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬」もキングの影響を

Palehorse00

以前のエントリー【「シャイニング」のカーペットのデザイン[ヒックス・ヘキサゴン]について】で、「シャイニング」のカーペットのデザインの元になった[ヘックス・ヘキサゴン]について紹介したが、テレビミニシリーズ「アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬」にも[ヘックス・ヘキサゴン]の壁紙が登場した。

テレビミニシリーズ「アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬」はNHK総合で2022年3月13日、3月20日に前後編で放送された。

「アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬」(2020)
監督:レオノラ・ロンズデール
脚本:サラ・フェルプス
出演:ルーファス・シーウェル、カヤ・スコデラーリオ、ジョージナ・キャンベル、ショーン・パートウィー、バーティ・カーヴェル、シーラ・アティム、キャシー・キエラ・クラーク、リタ・トゥシンハム、ヘンリー・ロイド・ヒューズ、クレア・スキナー、ジェームズ・フリート、エレン・ロバートソン
制作:BBC One

あらすじ:1961年のイギリス、ロンドン。古美術商のマーク(ルーファス・シーウェル) は美しい妻ハーミア(カヤ・スコデラーリオ )と再婚したが、1年前に浴室の事故で亡くなった前妻デルフィーヌ(ジョージナ・キャンベル )のことが忘れられずにいた。ある日、街角で病死らしき女性の遺体が発見され、靴の中から謎の人名リストが見つかる。そこにはマークの名前もあった。リストの人物が次々と亡くなっていくなか、身の危険を感じ、その謎を調べていたマークはマッチ・ディーピングという村にたどりつく。村で占いをしている風変りな3人の女性は、人を呪い殺すことができる魔女だというウワサが…。

ほかの死者たちと同様に髪が抜け始めたマークは、死が迫っている恐怖を感じる。リストの謎を調べていくうちに、被害者たちの共通点にたどり着く。占いの館「蒼ざめた馬」の魔女たちに、被害者たちを呪い殺すよう、それぞれ誰かが頼んでいたのだ。なにかからくりがあると考えていたマークだったが、徐々に魔術の仕業だと信じざるをえなくなっていく。妻ハーミアが自分に呪いをかけるよう依頼したのだと考えたマークは…。

さて、どこに[ヘックス・ヘキサゴン]が登場したのか、と言うとマーク・イースターブルック(ルーファス・シーウェル)の家のキッチンの壁紙である。

Palehorse01

Palehorse02

「シャイニング」的に「アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬」を解釈すると、マーク・イースターブルックの家が(現在は後妻ハーミアが家を取り仕切っている)が呪われた場所である、と言うことになる。マークは妻ハーミアが自分に呪いをかけるよう3人の魔女に依頼したのではないかと疑っている。マークは自分の名前が含まれた人名リストのため、地獄巡りをすることになる。

 

| | | コメント (0)

2022/02/03

藤田新策作品集「STORIES」は2022年2月9日発売予定

Stories
藤田新策作品集「STORIES」が2022年2月9日に玄光社より 発売される。

「STORIES」
著・イラスト : 藤田新策
出版社 : 玄光社
発売日 ‏: ‎2022/2/9

ミステリー小説の表紙絵といえばこの人!

スティーヴン・キングや宮部みゆきなど、国内外のミステリー小説のカバーを数多く描いてきたイラストレーター・藤田新策の初の作品集です。藤田氏が描く濃密な絵世界は、これから始まる恐ろしい出来事を予感させる不穏な空気をまとっています。物語を深く読み込み咀嚼して、その世界観を表現する。作中に登場するエッセンスをさりげなく入れながらも、多くを語りすぎないところが藤田作品の大きな魅力となっています。藤田氏は1980年代より活動を開始し、これまでに1000冊を超える小説を手がけています。その中から代表的なものを厳選、大きな画面でじっくり鑑賞できる作品集に仕上げています。

【著者について】
藤田 新策(フジタ シンサク)
1956年静岡県生まれ、80年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、フリーランス・イラストレーターとして活動。89年スティーヴン・キング著「ペットセマタリー」(文藝春秋社)を皮切りに、扶桑社、新潮社などのスティーブン・キングの装画を担当。他に、ディーン・クーンツ、マキャモンなど一連のモダンホラーシリーズ、ダニエル・キース著「24人のビリーミリガン」などの海外作品、宮部みゆき、小野不由実など国内作家の装画を手がけ、その数は計千冊程にのぼる。近年の代表作には、江戸川乱歩著「少年探偵シリーズ」全26巻、モーリス・ルブラン著「アルセーヌ・ルパンシリーズ」全20巻(ポプラ社)がある。 (玄光社「STORIES」のページより引用)

スティーヴン・キングファン的にはもはや説明不要。藤田新策氏の初の作品集が玄光社よりまもなく出版される。

表紙は「IT」
我々読者は「STORIES」の表紙から「IT」の巣窟に足を踏み入れることになるのか。

帯文は、ゲームクリエイターの小島秀夫氏の手によるもの。

「藤田新策さんの絵は物語であり、幻想世界である。観た者の想像を何処までも掻き立てる。唯一無二の作品でありながら、これほど小説と相性のいい画家はいない。」

乞うご期待。

| | | コメント (0)

2021/10/15

「LEGO スター・ウォーズ/恐怖のハロウィーン」のアートワークが、

2021年10月1日よりDisney+で配信が始まった「LEGO スター・ウォーズ/恐怖のハロウィーン」("Lego Star Wars Terrifying Tales")のアートワークがスティーヴン・キングの影響を受けている模様。

Legostarwarsterrifyingtales02 「キャリー」(1976)

Legostarwarsterrifyingtales01 「シャイニング」(1980)

| | | コメント (0)

«ジャック・トランスがオーバールック・ホテルに取り込まれてから100年経ちました