« 「ダーク・タワーV/カーラの狼(上・中・下)」 | トップページ | 「ドランのキャデラック」出版か? »

2006/04/03

矢野浩三郎氏死去

YOMIURI ONLINEによると、翻訳家の矢野浩三郎氏がお亡くなりになられました。
以下引用。

矢野浩三郎氏(やの・こうざぶろう=翻訳家)3月26日、骨髄性白血病で死去。69歳。後日、しのぶ会を開く予定。喪主は妻、靖子(のぶこ)さん。

 主な訳書にケン・フォレット「ハンマー・オブ・エデン」、スティーヴン・キング「ミザリー」など。(2006年4月3日12時49分  読売新聞)

矢野浩三郎氏はご承知のように、キングファンにはおなじみの翻訳家で、「タリスマン」「ミザリー」「ドロレス・クレイボーン」「ブラック・ハウス」等の翻訳を手がけています。またキングの短編の翻訳も多数手がけ、キングに関連が深い「猿の手」の翻訳も手がけています。

わたしたちが海外小説を読むことが出来るのは、当たり前の事ですが翻訳家の皆さんのおかげです。特にキングファンにとっては、矢野浩三郎氏の翻訳は非常に身近で、矢野浩三郎氏の翻訳でキング作品にはじめて触れた、と言う方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

矢野浩三郎氏の功績に感謝しつつ、つつしんでご冥福をお祈りします。

|

« 「ダーク・タワーV/カーラの狼(上・中・下)」 | トップページ | 「ドランのキャデラック」出版か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/9545056

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野浩三郎氏死去:

« 「ダーク・タワーV/カーラの狼(上・中・下)」 | トップページ | 「ドランのキャデラック」出版か? »