« 「コロラド・キッド」がやって来た!! | トップページ | 「天国の教会」/「デッド・ゾーン」第25話 »

2006/07/05

「ブレイブ ストーリー」は「タリスマン」だったのか?

先日、宮部みゆき原作の「ブレイブ ストーリー」の試写を観る機会を得た。

宮部みゆきと言えば、日本国内において、押しも押されぬ大小説家である。

そんな彼女は一説によるとスティーヴン・キングの大ファンで、彼女の作品の中には、キングの作品の影響を受けている、と思われる作品が少なくない。

そんな宮部みゆきなのだが、わたしは彼女の作品を、今自宅に所有しているだけで20冊程度、トータルでおそらく24~25冊位は読んでいると思う。

が、残念ながら「ブレイブ ストーリー」は読んでいない。

と言うのも、宮部みゆきの現代小説と時代小説は概ね面白く、時には非常に面白いとわたしは思っているのだが、その後の「ドリームバスター」「ブレイブ ストーリー」については、ちょっと調子にのっちゃってファンタジーを書いちゃったのではないか、と思っていたのだ。

で、「ブレイブ ストーリー」だが、公開前なので明確な事は言えないのだが、--と言うか原作読めばわかるのだと思うのだが--、「ブレイブ ストーリー」と言う作品は、宮部みゆきが「タリスマン」(スティーヴン・キングとピーター・ストラウブの共著)をやろうとしていたのではないか、と言う事なのだ。

と言うことは、大泉洋が声をあてている緑のトカゲ男(キ・キーマ)はウルフかよ。

「ブレイブ ストーリー」は、2006/07/08公開である。
映画自体は、「タリスマン」の感動にはほど遠いが、関心がある方は劇場に足を運んでみては、と思う次第である。

|

« 「コロラド・キッド」がやって来た!! | トップページ | 「天国の教会」/「デッド・ゾーン」第25話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/10790636

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブレイブ ストーリー」は「タリスマン」だったのか?:

« 「コロラド・キッド」がやって来た!! | トップページ | 「天国の教会」/「デッド・ゾーン」第25話 »