« 米「プレイボーイ誌」12月号の国内発売は? | トップページ | 『「デッド・ゾーン」シーズン3』国内放送決定! »

2006/11/27

「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(中)」発売開始!

2006/11/27 新潮文庫版「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(中)」が、店頭に並び始めた。

「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(中)」
スティーヴン・キング著、風間賢二訳
ISBN:4-10-219356-1
定価:900円
初版発行日:2006/12/01

全くの余談だが、新潮文庫版「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(上・中・下)」の3ケ月連続刊行に対し、キングファンの中で物議をかもしているようである。

今回の新潮社の「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(上・中・下)」の刊行行方法、--10月末に上巻、11月末に中巻、12月末に下巻を刊行する--、に対し、キングファンの中には、「これではまるで蛇の生殺しではないか」、とか、「一度に全巻出せ」、とか、「(まとめて読みたいから)12月末まで読めないじゃないか」、と言うような苦情のようなものをブログや掲示板等で書いている人がいる。

ここで考えなければならないのは、新潮社にどんな選択肢があったのか、という事である。
容易に推測できるのは、次の二つである。

1.10月末に上巻、11月末に中巻、12月末に下巻を刊行する。(現行の出版方法)
2.12月末に上巻・中巻・下巻をまとめて刊行する。

一般的に考えた場合、仮に3冊同時に出版したとしても、実際に売れる数は、上巻>中巻>下巻となってしまう。
それにも増して、現行の出版方法のように、1ケ月ごとに1冊ずつ出版するとなったら、実際に売れる数は、上巻>>中巻>>下巻となってしまうのは自明の理である。

そういう状況の中で、新潮社は、10月末に上巻、11月末に中巻、12月末に下巻を出版する、と判断したのだ。

当然ながら、上巻と比較して、中巻が、更に下巻が売れない可能性が高い、と言うリスクを理解した上で、新潮社はそう判断したのである。

ここで疑問が沸いてくる。
「一体何のために?」

答えは簡単である。
もちろん日本のキングファンの皆さんの手に、一瞬でも早く「ダーク・タワーVII 暗黒の塔」を届けるためにである。

先ほどご紹介したキングファンの皆さんと意見は違うかもしれないが、わたし個人としては、今回の新潮社の英断に、拍手を送りたい気持ちである。

いくらキングの作品だからと言って、日本国内で「ダーク・タワーVII 暗黒の塔」が爆発的に売れるとは思えないし、ほとんどと言って良いほど日本国内ではメディアにも取り上げられてもいない。とは言うものの、キングは大物ベストセラー作家、権利料だって莫迦にならない。

そんな状況下において、新潮社は商売ではない「何か」を選択したのではないだろうか。
わたしにはそう思えてならない。

|

« 米「プレイボーイ誌」12月号の国内発売は? | トップページ | 『「デッド・ゾーン」シーズン3』国内放送決定! »

コメント

私は今回の件を、新潮が早く出したのではなく遅れていると解釈しています。だから擁護する気にはなれません。その原因は、風間氏の入稿遅れでしょうか? じゃあ新潮の責任じゃないか・・・・

投稿: kingdow | 2006/12/01 12:34

kingdowさん
いつもお世話になっています。
この度は、コメントとトラックバックありがとうございます。

kingdowさんの仰ることは尤もだと思いますし、非常に感動的なエントリーだと思います。

わたしが新潮社の選択を支持している理由は、実際、新潮社の作業が遅れているのは遅れている訳ですから、その状況の中で、ベストな選択(10月末に3冊)は既に不可能な訳で、新潮社はその状況を甘受した上で、ベターな選択(3ケ月連続)をしているのだろうと考えているからです。
で、わたし的には、12月末に3冊出すのは、ワーストな選択だと思ってます。

これからもよろしくお願いします。

投稿: tkr | 2006/12/02 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/12867687

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(中)」発売開始!:

» いまさら言っても仕方無いが [キング堂 ブログ支店]
「ダーク・タワーVII 暗黒の塔(中)」発売開始! 上は「スティーヴス・キング研究序説 ココログ分室」の最新エントリーで、多くのキングファンは既に読まれたのではないかと思う。この中でtkrさんは『暗黒の塔』の3ヶ月連続刊行という形式に対し「英断」だとして支持を表明されている。大人な感じで直情的な私とは大違い・・・・。しかし、少し違うのではと思う点もあるのでそれについて書きたいと思う。 『スザンナの歌』上巻の帯には『暗黒の塔』上中下は2006年秋と、そして下巻の帯にも「構想30年の超絶ダー... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 05:31

« 米「プレイボーイ誌」12月号の国内発売は? | トップページ | 『「デッド・ゾーン」シーズン3』国内放送決定! »