« レッドソックスVS.ヤンキース3連戦第2戦をキングが観戦 | トップページ | お誕生日おめでとう! »

2007/09/20

またあの作品が1位/英HMV調査

2007/09/16にマイコミジャーナルが伝えるところによると、英HMVが来店客を対象に行った調査で、「もっとも感動した映画」は1994年公開の「ショーシャンクの空に」であるとの結果が出た模様。

もっとも感動した映画ランキング発表 - 英HMV調査
2007/09/16

英HMVが来店客を対象に行った調査で、「もっとも感動した映画」は1994年公開の「ショーシャンクの空に」であるとの結果が出た。この調査は2,000以上もの作品の中から、もっとも感動した映画に投票してもらうというもの。僅差で「シンドラーのリスト」「フォレスト・ガンプ ~一期一会」が上位3作にランクインした。

「ショーシャンクの空に」はスティーヴン・キングの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」の映画化。ティム・ロビンス扮する銀行員アンディが身に覚えのない罪でショーシャンク刑務所に投獄されるところから物語は始まる。腐敗しきった刑務所の内部で最初は孤立していたアンディだったが、モーガン・フリーマン演じるレッドという盟友を得て、受刑者の、ひいては看守の信頼を獲得、自らの運命を切り開いていく。

第67回アカデミー賞7部門にノミネートされるも、賞はすべて同年公開の「フォレスト・ガンプ /一期一会」が総獲り。しかしビデオ化されるや口コミで評判が広まり、今もなお『不朽の名作』の名を欲しいままにしている。

次点は、1,000人以上ものユダヤ人の命を救ったドイツ人オスカー・シンドラーの実話を綴った「シンドラーのリスト、そして前述の「フォレスト・ガンプ/一期一会」が続く。

英HMVのDVD部門顧問Charles Fotheringham氏は、『「ショーシャンクの空に」はいかに映画が永い間、人々を感動させられるかを表すこれ以上ない例だ』と話す。

10位までのランキングは以下のとおり。年号は英国での公開年度。

順位 タイトル(英国での公開年)
1 「ショーシャンクの空に」(1994)
2 「シンドラーのリスト」(1994)
3 「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994)
4 「素晴らしき哉!人生」(1947)
5 「リトル・ダンサー」(2000)
6 「ブレイブハート」(1995)
7 「グリーンマイル」(2000)
8 「エリン・ブロコビッチ」(2000)
9 「タイタニック」(1998)
10「スター・ウォーズ ジェダイの復讐(ジェダイの帰還)」(1983)

と、言うわけで、キング関連作品は「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」がランクインしている。

以前から、何故「ショーシャンクの空に」と言う作品が多くの映画ファンにアピールするのか不思議に思っているのだが、理由も分からないまま、また1位を取ってしまった。

以下に、「ショーシャンクの空に」が、1位を取っちゃった際のエントリー(取ってないのもありますが・・・・)を紹介しておきます。

AFI「オールタイムトップ100」にキング原作作品が!

「世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト201!」

続・世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト150!

「ショーシャンクの空に」は傑作なのか?

|

« レッドソックスVS.ヤンキース3連戦第2戦をキングが観戦 | トップページ | お誕生日おめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/16512509

この記事へのトラックバック一覧です: またあの作品が1位/英HMV調査:

» ★1983年の主要な作品(アカデミー賞主要部門等の受賞作以外) [中年映画館]
◆「再会の時」 監督:ローレンス・カスダン※60年代、学生運動の仲間だった8人の男女が十数年の時を経て、自殺した友人の葬儀のために集まり、久々に再会を果たした。同窓生同士で結婚したハロルド(ケヴィン・クライン)とサラ(グレン・クローズ)、TVスターとなったサム(トム・ベレンジャー)、戦争で性不能となったニック(ウィリアム・ハート)など、長い歳月の中ですっかり変わってしまった仲間たちの悲喜こもごもの様子を描いた群像ドラマの秀作。◆「アウトサイダー」 監督:フランシス・フォード・...... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 07:37

« レッドソックスVS.ヤンキース3連戦第2戦をキングが観戦 | トップページ | お誕生日おめでとう! »