« 「スティーヴン・キングスレ 過去ログ保管庫」をめぐる冒険 | トップページ | 「ハートシェイプト・ボックス」をめぐる冒険 »

2008/01/11

「スティーブン・キングの悪魔の嵐」をめぐる冒険

コルム・フィオール 先日、「スティーヴン・キングに関するちょっとした掲示板」に、「スティーブン・キングの悪魔の嵐」のテーマについての質問が書き込まれた。

不親切なわたしは、「悪魔の嵐」テーマについての回答をせず、気になるのだったら、DVDが安くリリースされているので、見てみてはいかがかと、DVDの購入をオススメした。

それだけだと、あまりにも不親切で、わたしの株が20円程下落してしまうかも、と思ったので、「悪魔の嵐」の中で引用されている「ヨブ記」が、「悪魔の嵐」に関係していると思われるので「ヨブ記」を参照してみてはいかがかと、オススメしてみた。

と同時に、それ以来「悪魔の嵐」についてつらつらと考える毎日が続いていたのだが、「悪魔の嵐」に影響を与えている重要な作品を思い出してしまった。

その作品は、シャーリイ・ジャクスンの「くじ」

この作品は「悪魔の嵐」を考える上で絶対にはずせない作品だと思う。

また、キング作品に度々登場する「神は残酷だ」と言うモチーフも重要かと思える今日この頃でした。

写真は「悪魔の嵐」でアンドレ・リノージュさんを演じたコルム・フィオール。
笑顔が素敵ですね。


|

« 「スティーヴン・キングスレ 過去ログ保管庫」をめぐる冒険 | トップページ | 「ハートシェイプト・ボックス」をめぐる冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」をめぐる冒険:

« 「スティーヴン・キングスレ 過去ログ保管庫」をめぐる冒険 | トップページ | 「ハートシェイプト・ボックス」をめぐる冒険 »