« 巨匠スティーブン・キングが選ぶ映画&TV第1位は「ノーカントリー」「LOST」 | トップページ | 「スティーヴン・キングスレ 過去ログ保管庫」をめぐる冒険 »

2008/01/09

ジョー・ターケルをめぐる冒険

「ブレードランナー」ルトガー・ハウアーとジョー・ターケル 2007年末 『「ブレードランナー」製作25周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション』が発売になった。

国内版DVDは、おまけ付きのプレミアム版(限定10,000セット)が24,800円(Amazon.co.jpでは18,351円)、初回限定版が 14,800円(Amazon.co.jpでは10,951円)で販売されているのだが、わたしは北米版のBD(ブルーレイ・ディスク)のプレミアム版を $99.98(Amazon.comでは$66.95/実際には送料込みで$74.93、日本円で8,167円)で購入した。

さて、今日の本題はジョー・ターケルの話。

ジョー・ターケルと言えば、スティーヴン・キングファンの皆さんは、あぁスタンリー・キューブリック版「シャイニング」(1980)でバーテンダーのロイドを演じた俳優だな、と思われると思うのだが、彼はなんと「ブレードランナー」(1982)では、レプリカントの生みの親、エルドン・タイレルを演じているのだ。

そして、今回発売された『「ブレードランナー」製作25周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション』の「ファイナル・カット」版に収録されている監督のリドリー・スコットのオーディオ・コメンタリーに興味深い一節があるので、引用したいと思う。

タイレルの眼鏡はいつ見てもいい
レンズの奥の目がギラギラ光っていて圧倒されるよ
「シャイニング」を見ていてバーテン役の彼に目が留まった
あのフラッシュバックのシーンは最高だった
誰もいない空っぽのボールルームが突然パーティーを楽しむ人であふれかえる
過ぎ去った時代の幽霊たちだ

このシーンの彼は見てのとおり とても念入りにメイクをしている
ヒゲもきれいにそってツルツルだ
タイレル役にぴったりだよ

つまり、「ブレードランナー」の監督であるリドリー・スコットは、キューブリックの「シャイニング」を観て、バーテンのロイドを演じたジョー・ターケルを「ブレードランナー」のタイレル社長役にキャスティングした、と言う事である。

また同時にリドリー・スコットは、「シャイニング」に対して好印象を持っている、と言う事も明らかにしている。

おそるべし、スティーヴン・キング、と言うか実際はスタンリー・キューブリック。


|

« 巨匠スティーブン・キングが選ぶ映画&TV第1位は「ノーカントリー」「LOST」 | トップページ | 「スティーヴン・キングスレ 過去ログ保管庫」をめぐる冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/17632623

この記事へのトラックバック一覧です: ジョー・ターケルをめぐる冒険:

« 巨匠スティーブン・キングが選ぶ映画&TV第1位は「ノーカントリー」「LOST」 | トップページ | 「スティーヴン・キングスレ 過去ログ保管庫」をめぐる冒険 »