« 「消失点、暗黒の塔 『暗黒の塔』5部、6部、7部を検討する」 | トップページ | 「ミスト」試写会情報(東京) »

2008/04/28

「クローバーフィールド/HAKAISHA」

= スティーヴン・キングがジョークで「ミスト」プリクェールだと言った「クローバーフィールド/HAKAISHA」を観た。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」(2008)
監督:マット・リーヴス    
製作:J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク    
脚本:ドリュー・ゴダード    
撮影:マイケル・ボンヴィレイン    
編集:ケヴィン・スティット    
出演:マイケル・スタール=デヴィッド(ロブ)、マイク・ヴォーゲル(ジェイソン)、オデット・ユーストマン(ベス)、ジェシカ・ルーカス(リリー)、リジー・キャプラン(マレーナ)、T・J・ミラー(ハッド)、ベン・フェルドマン(トラヴィス)、ライザ・ラピラ(ヘザー)、クリス・マルケイ(グラフ)

本作「クローバーフィールド/HAKAISHA」は大変面白い作品に仕上がっていた。
そしてわたしは、本作が想像以上に作品として成立している事に少なからず驚いてしまった。

と言うのも本作は『かつて「セントラル・パーク」と呼ばれたU.S.447地区で回収された「クローバーフィールド事件」を記録した未編集のビデオ映像』と言う設定であり、そのために本作は原則的に「撮影しっぱなしの未編集のビデオ映像」と言う事になるのだ。

従って、この設定上、ビデオ映像の撮影者は、おそらく「セントラル・パーク」で死んでしまっているだろう事が容易に想像できるし、本作を映画(娯楽作品)として考えた場合、作品として成立していないのではないか、と言う事も想定できてしまう。
また、『かつて「セントラル・パーク」と呼ばれたU.S.447地区』と言う表現から、もしかしたらアメリカは、また人類は既に滅んでしまっているのかも知れない、と邪推してしまう。

人類が破滅したかどうかは取りあえず置いておくが、前述のように、本作には設定上の問題点があることは否定できないと言えるが、本作はそれを逆手に取って、完全な娯楽作品として成立してしまっているのだ。
そこには、本作の構成に非常に素晴らしい効果を与える手法(設定)が導入されている。

その手法(設定)と言うのは、「クローバーフィールド事件」が記録されているビデオテープは、事件の前に、ロブとベスがデートし、その際にロブが撮影したビデオテープに重ね撮りされている、と言う設定である。

この手法(設定)により、本作は、完全に異なった2つの時系列(時制)を備えた作品となり、その手法(設定)のおかげで、製作者は本作に、プロローグとエピローグを挿入することが可能になるのだ。

わかりやすく言うと、例えば「シザーハンズ」「タイタニック」のように、現在の時制の登場人物が、過去の時制の出来事を語る、と言う物語上の構成を導入する事が可能になる訳である。尤も、本作では、プロローグとエピローグが過去の時制の出来事であるため、従来の手法の裏返しとも言えるし、もしかしたら「アレックス」的アプローチとも言える、と思える。

さて、この「現在の時制の登場人物が、過去の時制の出来事を語る」と言う手法(設定)は、作品の物語に深みとリアリティを付与する効果を持っている。

ところで本作「クローバーフィールド/HAKAISHA」で行われている手法(設定)では、作品に深み(伏線の追加とロブトベスの感情の変化)を与えているのは勿論だが、それ以外にも、日常の延長上に、本作で描かれるような想像を絶する出来事が起こりうる、と言うことを表現している。

もちろん、本作で描かれる怪異は2001/09/11の「アメリカ同時多発テロ事件」のメタファーであり、同事件を体験したアメリカをはじめとした全世界の人々は、本作の観客になることにより、想像を絶する悲惨な出来事や、想像を絶する怪異は、日常の延長線上に起こりうる、と言うことを如実に感じることが出来るし、信じることも出来るのだ。

 

ところで、本作には、皆さんご承知のようにクリーチャーが登場する。
製作のJ・J・エイブラムスは「W:I:III」のプロモーションのために来日した際、原宿のキデイランドで「ゴジラ」のフィギュアを観て本作の着想を得たらしい。

そんな経緯もあり「ゴジラ」的なクリーチャー(爬虫類系)を想像していたわたしには、本作のクリーチャーは、ある意味想像を超えたクリーチャー・デザインだったが、実際のところは特に意表を突くデザインではなく、比較的ありがちなデザインである、と言う印象を受けた。

何故だか知らないが、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のクリーチャー・デザイン 「ミスト」のそれと似ているような印象も受けた。

ついでに、余談だが2008/05/10に公開される「ミスト」の原作者スティーヴン・キングは、ジョークで「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「ミスト」のプリクェールだ、と発言しているが、実際にその通りと言うか、「クローバーフィールド/HAKAISHA」「ミスト」は、お互いに外伝的な作品に仕上がっている、と言えるかも知れない。

そして、両作のクリーチャー・デザインには前述のように類似点があり、もしかしたら、両作のクリーチャーはもしかしたら、同じ所から来たのかも知れない、とも思えてしまう。

つまりは、怪異が大都市に起きたのか、それとも片田舎に起こったのか、と言う差異だけかも知れないのだ。

余談だが、クリーチャーのモーションは、ティペット・スタジオが担当している。

 

ところで、図らずも本作で描かれた怪異を記録する立場になってしまったハッドだが、彼は本当に良い仕事をしたと思う。

彼が置かれた状況は、語弊はあるものの、カメラを持つ人々にとって、夢のような出来事なのだと思う。

今回の出来事が実際に起きたと仮定すると、ハッドが撮影したビデオテープは、例えばケネディ大統領暗殺の瞬間を撮影した所謂「ザプルーター・フィルム」のように、撮影者と映像が後世に伝えられるに違いない、と思える。

ハッドはカメラマンとして後世に残る偉大な仕事をした、と言わざるを得ない。不謹慎な話だが、うらやましい限りである。

ビデオ撮影の下手さ加減もリアリティに溢れていて良かった。

ところで、一緒の回を観た他の観客は、冒頭のパーティ・シーンが退屈で仕方がなかった、と言うような話をしていたが、パーティ以前のアパートのシーンのや、パーティでのゴタゴタが非常に重要な伏線となっているし、わたし的にはパーティの部分も楽しくて仕方がなかった。

とにかく、本作「クローバーフィールド/HAKAISHA」は、非常に優れた作品に仕上がった素晴らしい映画である。是非劇場でHAKAISHAの跫を堪能していただきたい。

☆☆☆★(☆=1.0 ★=0.5 MAX=5.0)

|

« 「消失点、暗黒の塔 『暗黒の塔』5部、6部、7部を検討する」 | トップページ | 「ミスト」試写会情報(東京) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/41014170

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローバーフィールド/HAKAISHA」:

» クローバーフィールド/HAKAISHA [労組書記長社労士のブログ]
 二日続けて映画{/m_0058/}を観に行ってしまいました。  そうそう、一昨日「フィクサー」は、実はTOHOシネマズの「6本見たら1本タダ」を使って無料で見ました。 6本の内訳は、招待券をもらってが?、TOHOシネマズディと映画の日で1000円が?、前売り券1300円が?、通常の値段1800円で見たのが?。 というわけでけっきょく6100円で、1800円が還元されたんですね。 約3割の還元率ってお得やなあ〜{/hiyo_en2/}  そうそう、gooブログ、携帯でも絵文字が表示されるようにな... [続きを読む]

受信: 2008/04/29 08:35

« 「消失点、暗黒の塔 『暗黒の塔』5部、6部、7部を検討する」 | トップページ | 「ミスト」試写会情報(東京) »