« BD版「シャイニング」発売延期! | トップページ | 「ミスト」興収2億突破、4億も視野に »

2008/05/30

クリスチャン・スレイターとウェス・ベントレー、スティーヴン・キング原作映画へ出演

2008/05/09に、シネマトゥディが伝えるところによるとスティーアヴン・キングの短編小説を原作とする映画「ドランのキャデラック」にクリスチャン・スレイターとウェス・ベントレーが出演する模様。

記録のため、全文を引用する。

クリスチャン・スレイターとウェス・ベントレー、スティーヴン・キング原作映画へ出演

[シネマトゥデイ映画ニュース] クリスチャン・スレイターとウェス・ベントレーが、スティーヴン・キングの小説「ドランのキャデラック」の映画化作品で主演を務めるとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同小説は、ホラー小説の帝王と呼ばれるキングには異色の短編スリラーで、妻を殺された男がラスベガスのギャングのボスに奇想天外な復讐を挑むストーリーだ。ベントレーが主人公の男にふんし、スレイターがギャングのボス役を演じ、「ソウ2」のエマニュエル・ヴォージアが妻役で共演する。監督はカナダ出身のエリック・カニュエルがあたり、脚本はリチャード・ドゥーリングが手掛ける。撮影は5月から開始される予定だ。

 スレイターのギャング役といえば、「ヤング・ジャック・ニコルソン」と呼ばれてブレイクしていた頃に製作された「モブスターズ/青春の群像」を思い出すが、20年近く経った今、円熟した演技のギャング役をみたいものだ。

なお、映画「ドランのキャデラック」について明らかになっている情報は次の通り。(噂を含む)

「Dolan's Cadillac」(2009年公開予定/邦題未詳)
監督:ジェフ・ビーズリー
脚本:リチャード・ドーリング
原作:スティーヴン・キング
製作/配給:フィルム・ブリッジ・インターナショナル
キャスト:クリスチャン・スレイター(ジミー・ドラン)、エマニュエル・ヴォージア(エリザベス)、ウェス・ベントレー(ロビンソン)、サイモン・シン(アレックス)

余談だがロケ地は、ラスベガス、ケベック、サスカチャワン。

ドランの砂漠はラスベガスかな?

|

« BD版「シャイニング」発売延期! | トップページ | 「ミスト」興収2億突破、4億も視野に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/41344699

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャン・スレイターとウェス・ベントレー、スティーヴン・キング原作映画へ出演:

« BD版「シャイニング」発売延期! | トップページ | 「ミスト」興収2億突破、4億も視野に »