« スティーヴン・キング親子初の共同執筆作が映画化 | トップページ | 「He Is Legend」通常版発売か! »

2008/06/26

アンソニー・マイケル・ホールが「デッド・ゾーン」の映画化について語る

2008/06/20 アンソニー・マイケル・ホールが、Sci Fi.comのインタビューに対し「デッド・ゾーン」の映画化について語っている。

Hall: Dead Movie Mulled
2008/06/20

Hall Sums Up The Dead Zone
2008/06/18

インタビューの流れとしては、6/18の「デッド・ゾーン」シーズン6のDVD発売のインタビューの際に「デッド・ゾーン」映画化の話が出て、6/20の記事に繋がっているようである。

シーズン6で打ち切られた「デッド・ゾーン」のラスト、つまりグレッグ・スティルソンに関する最終的な決着を、テレビシリーズ(スペシャル版)や映画で描くのではないか、と言う噂は以前からあったのだが、その件について「デッド・ゾーン」の主演(及び製作/一部)のアンソニー・マイケル・ホールが語っている、と言う記事である。

以前からアンソニー・マイケル・ホールは、「デッド・ゾーン」の映画化に対しては意欲的だったのですが、今回の記事で『「デッド・ゾーン」の映画化は、そんなに楽観的な状況ではない』と語り、更に最近映画化されたテレビ・シリーズの「X-ファイル」「セックス・アンド・ザ・シティ」を引き合いに出し、『それらの作品についていたようなカルト的なファンが「デッド・ゾーン」にはついていない』と分析しています。

しかしながら、故マイケル・ピラー、ショーン・ピラー、ロイド・セーガン等との長年にわたる家族的な付き合いの中、彼ら製作サイドが望むならば、ジョニー・スミスを演じると言う機会を逃さないとも語っています。

個人的には、映画化は難しいと思いますが、クリスマス・シーズンとかのスペシャル・テレビ・ミニ・シリーズあたりで、スティルソンのエピソードに決着をつけて欲しいものです。

|

« スティーヴン・キング親子初の共同執筆作が映画化 | トップページ | 「He Is Legend」通常版発売か! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/41627226

この記事へのトラックバック一覧です: アンソニー・マイケル・ホールが「デッド・ゾーン」の映画化について語る:

« スティーヴン・キング親子初の共同執筆作が映画化 | トップページ | 「He Is Legend」通常版発売か! »