« 「シャイニング」と「ミザリー」の新装版が!? | トップページ | アンソニー・マイケル・ホールが「デッド・ゾーン」の映画化について語る »

2008/06/25

スティーヴン・キング親子初の共同執筆作が映画化

2008/06/18にVariety Japanが伝えるところによると、スティーヴン・キングとジョー・ヒル共著の「Throttle」の映画化が決定した模様。

スティーヴン・キング親子初の共同執筆作が映画化

記録のため、全文を引用する。

映画プロデューサーのニック・ウェシュラーは、ベストセラー作家のスティーヴン・キングと、息子のジョー・ヒルが共同執筆した短編小説“Throttle”の映画化権を獲得した。60ページからなり、2009年に出版されるSF作家リチャード・マシスンのトリビュート短編集“He is Legend”のために書き下ろされたもの。親子の共同執筆は、これが初めてとなる。

同じツーリングチームに所属するバイク乗りの親子が、巨大トラックに追い回されるという物語。『「激突!」「ブレーキ・ダウン」のような有名映画の要素があるが、私としてはホラーの要素を押し出していきたい」とウェシュラーは言う。

ウェシュラーは小説の映画化権を素早く獲得しては、じっくりと時間をかけてスタジオを探す手法を取ることで知られる。コーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」も、ピュリツァー賞を受賞する前に映画化権を獲得した。

ヴィゴ・モーテンセン、シャーリーズ・セロン主演でようやく映画化された同作は、11月26日に全米公開予定。オードリー・ニッフェネガー原作の“The Time Traveler’s Wife”(レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ出演)は、12月25日の公開予定だ。

一方、ヒルの執筆作品も映画化が進行中。長編小説“Heart-Shaped Box”はワーナー・ブラザースが権利を獲得し、ニール・ジョーダンが脚色を手がけている。また、グラフィックノベル“Locke & Key ”は、ディメンションが映画化権を持っている。

なお、ニュース・ソースは、ココ。

Nick Wechsler revs 'Throttle'

プロデューサーのニック・ウェシュラーが、「Throttle」の映画化権(オプション)を取得した話は以前お伝えしたが、Variety Japanの今回の記事によると、どうやら正式に映画化権を取得した模様である。

余談だけど、原文の記事では、
father-son members of a motorcycle gang が、
同じツーリングチームに所属するバイク乗りの親子 と翻訳されている。

motorcycle gang って、ツーリングチームで良いのだろうか。

また、原文では、
Wechsler used his own coin to option the tale.
と言う、一文があるところを見ると、キングとヒルは安価でオプション権を譲渡した模様。

キングはともかく、ヒルの作品がどんどんメジャーになっていくのは、非常にめでたいことだと思える。

|

« 「シャイニング」と「ミザリー」の新装版が!? | トップページ | アンソニー・マイケル・ホールが「デッド・ゾーン」の映画化について語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/41633167

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・キング親子初の共同執筆作が映画化:

« 「シャイニング」と「ミザリー」の新装版が!? | トップページ | アンソニー・マイケル・ホールが「デッド・ゾーン」の映画化について語る »