« 「第21回東京国際映画祭」本日開幕 | トップページ | ゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロの新作にタランティーノら豪華ゲストがカメオ出演! »

2008/10/22

「1408号室」その1

テット・コーポレーション(嘘) 2008/10/21 「第21回 東京国際映画祭」特別招待作品「1408号室」を観た。

「1408号室」
監督:ミカエル・ハフストローム   
製作:ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ   
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン   
原作:スティーヴン・キング 「一四〇八号室」(新潮社刊「幸運の25セント硬貨」所収)
脚本:マット・グリーンバーグ、スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー   
撮影:ブノワ・ドゥローム   
音楽:ガブリエル・ヤーレ
出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ

公開前なのでネタバレはさけるとして簡単に感想を・・・・。

先ずは、驚いた事に本作「1408号室」は、作品として想像以上によく出来ていた。

脚本は原作を上手にふくらませた感じで好感が持てる。

ほぼ1人芝居のジョン・キューザックには楽しませてもらった。

キング的には、「The Long Road Home」への言及や、「ダーク・タワー」シリーズを彷彿とさせるドアも出て来たりする。

今日はここまで。

|

« 「第21回東京国際映画祭」本日開幕 | トップページ | ゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロの新作にタランティーノら豪華ゲストがカメオ出演! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/42865548

この記事へのトラックバック一覧です: 「1408号室」その1:

« 「第21回東京国際映画祭」本日開幕 | トップページ | ゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロの新作にタランティーノら豪華ゲストがカメオ出演! »