« 「ディスタービア」をめぐる冒険 | トップページ | 第21回東京国際映画祭:『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』ジャパンプレミアトークショー »

2008/10/30

デビッド・クローネンバーグ監督が念願の作家デビュー!

2008/10/28にeiga.comが伝えるところによると、映画「デッド・ゾーン」等でおなじみのデビッド・クローネンバーグだが、どうやら作家デビューが本決まりの模様。

デビッド・クローネンバーグ監督が念願の作家デビュー!

記録のため、全文を引用する。

[eiga.com 映画ニュース] 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(05)や「イースタン・プロミス」(07)で知られるカナダ人映画作家、デビッド・クローネンバーグ監督が、念願の作家デビューを果たすことが分かった。

10月23日、第3回ローマ映画祭(10月31日まで開催)に参加したクローネンバーグ監督が、小説を60ページまで書き上げたことを会見で明かしたもの。「とても恐ろしいことなんだが、私が書いた60ページ分が見本として、世界中の出版人の目に触れることになる。内容はまだ語れないが、スティーブン・キング風ではないよ。ホラー小説でも、SF小説でもない。どんなジャンルの作品になるのか、私にも分からないんだ」とクローネンバーグ監督。

スティーブン・キング原作の「デッドゾーン」(83)、ジョルジュ・ランジュラン原作の「ザ・フライ」(86)、ウィリアム・バロウズ原作の「裸のランチ」(91)、J・G・バラード原作の「クラッシュ」(96)といった名だたる作家の名著を、独自の映像感覚で映画化してきたクローネンバーグ監督は、幼少の頃より50年間も、小説家になるのを夢見てきたという。

個人的には、当然の事だが、ゲロゲロでグチャグチャの作品を期待する。

|

« 「ディスタービア」をめぐる冒険 | トップページ | 第21回東京国際映画祭:『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』ジャパンプレミアトークショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/42944137

この記事へのトラックバック一覧です: デビッド・クローネンバーグ監督が念願の作家デビュー!:

« 「ディスタービア」をめぐる冒険 | トップページ | 第21回東京国際映画祭:『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』ジャパンプレミアトークショー »