« こんな素敵なスケートボードが! | トップページ | GyaO、スティーヴン・キング原作「1408号室」のオンライン試写会 »

2008/11/06

Come Play With Us をめぐる冒険

Come Play With Us
今日は、kingdowさんのキング堂 ブログ支店で紹介されていたTimberline Lodgeで2008/10/31に行われたイベントに関する余談。

Come Play With Us

ハロウィーンはTimberline Lodgeで/キング堂 ブログ支店

とは言いながら今日のエントリーは「シャイニング」より「ある日どこかで」をめぐる冒険だったりする。

「ある日どこかで」(1980)は、ヤノット・シュワルツ(現在の表記:ジュノー・シュウォーク)監督、リチャード・マシスン原作・脚本、クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア出演の大傑作。

余談だけど、「ある日どこかで」を見た事がない人は、今すぐ見るように!
これは映画ファンと言うか、最早人類の義務と言っても良い程の大傑作なのだ。

ところで、「シャイニング」にティンバーライン・ロッジがあるように、「ある日どこかに」にはグランド・ホテルがあったりする。

で、グランド・ホテルでは 毎年毎年「ある日どこかで」のコンベンションが行われている。
映画ファンとして世界中の「ある日どこかで」を愛する人々がそのロケ地であるグランド・ホテルに集まって毎年イベントが行われている、と言う話を聞くと「ある日どこかで」と言う作品に圧倒的な羨望をおぼえてしまう。

スティーヴン・キングファンとしては、ティンバーライン・ロッジと言う素晴らしいロケ地がある訳だが、それでもグランド・ホテルの愛され方の方が上だと言わざるを得ない、と思う。

そんな中、ティンバーライン・ロッジで「シャイニング」のイベントが行われるとは、大変めでたいことである。

頑張れ! ティンバーライン・ロッジ!
負けるな! ティンバーライン・ロッジ!!

|

« こんな素敵なスケートボードが! | トップページ | GyaO、スティーヴン・キング原作「1408号室」のオンライン試写会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/43022349

この記事へのトラックバック一覧です: Come Play With Us をめぐる冒険:

« こんな素敵なスケートボードが! | トップページ | GyaO、スティーヴン・キング原作「1408号室」のオンライン試写会 »