« 怖過ぎる12歳!『1408号室』に出演しているジャスミンに注目! | トップページ | 「地球の静止する日」をめぐる冒険 »

2008/11/24

「ディセント」をめぐる冒険

「ディセント」 スティーヴン・キングが2006年のベスト5におしている映画「ディセント」をCATVで観た。

「ディセント」(2005/イギリス)
監督・脚本:ニール・マーシャル
出演:出演:シャウナ・マクドナルド(サラ)、ナタリー・メンドーサ(ジュノ)、アレックス・リード(ベス)、サスキア・マルダー(レベッカ)、マイアンナ・バリング(サム)、ノラ=ジェーン・ヌーン(ホリー)、オリヴァー・ミルバーン(ポール)、モリー・ケイル(ジェシカ)

冒険好きのサラは、一年前の交通事故で愛する夫と娘を失ったショックからいまだ立ち直れずにいた。そんな彼女を励まそうと、友人たちが冒険旅行に誘う。リーダーのジュノが企画したのはアメリカのアパラチア山脈奥地の地下洞窟探検。参加したのはサラとジュノを含め女性ばかりの6人。ロープを伝って穴の中へと降りていく一行。最初は順調だったが、突然の崩落事故で出口をふさがれてしまう。さらに悪いことに、功名心にはやるジュノは皆に内緒で前人未踏の洞窟を選んでいたのだった。地図もなく、捜索隊も期待できないことを知った彼女たちは、別の出口を見つけるため迷路の中を進んでいくのだったが・・・・。

本作「ディセント」の物語は、行ってはいけないところ、入ってはいけないところに誤って行ってしまった登場人物が酷い目に逢う、と言うトビー・フーパーの「悪魔のいけにえ」(1974)を始めとした一連の作品のひとつとしてカテゴライズされる作品だと言える。
テイストとしてはスコット・スミスの「ルインズ」にも似ているかも知れない。

酷い目に逢う、と言う部分は本作「ディセント」においては、洞窟で迷子になってしまう、と言う事だけではなく、ご承知のように洞窟に巣食うクリーチャーに襲われてしまうのだ。

従って、冒頭の事故の描写以後、物語の前半部分は洞窟探検が描かれ、後半部分はクリーチャーとの戦いが描かれている。

で思ったのは、その洞窟に巣食うクリーチャーがわたしには「ダーク・タワー」シリーズに登場するスロー・ミュータントに見えてならないのだ。

とにかく、スロー・ミュータントが出てこようが出てこまいが本作「ディセント」は、大変素晴らしい作品に仕上がっている。
関心がある方は是非一度「ディセント」を観て欲しいと思う。

余談だけど「ディセント」と言えば、「デッド・ゾーン」シーズン2の第2話「地の底へ」の原題("Descent")である。

|

« 怖過ぎる12歳!『1408号室』に出演しているジャスミンに注目! | トップページ | 「地球の静止する日」をめぐる冒険 »

コメント

顧客は評価します:
到着しましたよ。紹介はしてますよ。安いし、例外はあるけれど
平均して、悪くは無いと思うので、気に入ってます
弊社は安価 販売ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)、シャネル(CHANEL)、グッチ
(GUCCI)、エルメス(HERMES)、コーチ(COACH)の人気ブランドバッグ、財布、
腕時計、雑貨、小物。人気新品、新素材入荷!
◆ 信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 送料無料(日本全国)
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
↓↓↓
当社URL: http://www.ss-58.com

投稿: ss-58 | 2008/11/24 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/43216200

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディセント」をめぐる冒険:

« 怖過ぎる12歳!『1408号室』に出演しているジャスミンに注目! | トップページ | 「地球の静止する日」をめぐる冒険 »