« The Officeオープン! | トップページ | 「1408号室」公開第2週目の興収は・・・・ »

2008/11/29

「地球の静止する日」をめぐる冒険 その2

先日お伝えした「地球の静止する日」に関する余談の第二回目。

と言うのも、収録されている短篇である「幻の砂丘」と、キングの「運命の三人」にいくつかの共通点があるのだ。

「幻の砂丘」ロッド・サーリング&ウォルター・B・ギブスン

主人公であるクリストファー・ホーンにはローランドのような行動を取るし、物語にはアスピリンならぬペニシリンが登場、また、ローランドが現代のニューヨークに迷い込んだ姿を彷彿とさせるシークエンスさえ繰り広げられている。因みにドアを通り抜けるようなシークエンスもあるしね。

キングが「トワイライト・ゾーン」のエピソードを見て、影響を受けて「ダーク・タワー」シリーズを書いたのではないか、と妄想してみた。

関心がある方は是非読んでみて下さい。

|

« The Officeオープン! | トップページ | 「1408号室」公開第2週目の興収は・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/43267133

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球の静止する日」をめぐる冒険 その2:

« The Officeオープン! | トップページ | 「1408号室」公開第2週目の興収は・・・・ »