« 「20世紀の幽霊たち」をめぐる冒険 その1 | トップページ | 謹賀新年 »

2008/12/31

「シャイニング」146分版放送か!?

洋画★シネフィル・イマジカ「年越しキューブリック特集」
2008/12/31 洋画★シネフィル・イマジカで放送される「シャイニング」のランニング・タイムは146分の模様。

今回の「シャイニング」の放送は、洋画★シネフィル・イマジカの「年越しキューブリック特集」の一環としての放送。

放送される作品とタイム・スケジュールは次の通り。

2008/12/31 13:30 「ロリータ」
2008/12/31 16:30 「博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」
2008/12/31 18:30 「2001年宇宙の旅」
2008/12/31 21:00 「時計じかけのオレンジ」
2008/12/31 23:30 「シャイニング」
2008/12/31 26:00 「フルメタル・ジャケット」

「シャイニング」の紹介ページはの通り。
洋画★シネフィル・イマジカ「年越しキューブリック特集」/「シャイニング」

因みに、スタンリー・キューブリック版「シャイニング」は、一般的に3種類のバージョンが存在する、と言われている。

それは、146分のオリジナル版、142分の決定版、119分の国際版(コンチネンタル・バージョン)である。(決定版は144分と表記されている場合もある)
その内、ソフト化されているバージョンは、144分表記の決定版と119分の国際版で、日本国内で現在販売されているのは、119分の国際版のみである。

今回の放送が146分版だとすると、146分版(オリジナル版)の「シャイニング」は本邦初放送になる、と思われる。
因みに144分版(142分版/決定版)「シャイニング」との大きな違いはラスト。

ホテルを脱出したウェンディが病院で支配人アルマンに事情を説明するシーンが146分版には含まれている。(出典:「キューブリック」/イメージフォーラム1988/4月増刊p174)

本公開に先立つプレミア上映では146分の映画として公開されたが、現在は見ることが出来ない。これには逃げ延びたウェンディとダニーが病院でホテルの管理人アルマンと再会するエピソードがあった。管理人はダニーに黄色のボールを投げ、そのボールはダニーがホテルの廊下で遊んでいる時に、どこからともなく転がってきたボールと同じだったというエピソードである(黄色のボールはこの2つのシーンでしか使われていない)。このラストはすぐに削除され、143分となった。さらに再編集した119分のコンチネンタル版と3バージョン存在する。(出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)/「シャイニング」)

以下2009/01/01追記

今回放送されたバージョンは、残念ながら144分の決定版でした。
従って、病院のシークエンスはありませんでした。

|

« 「20世紀の幽霊たち」をめぐる冒険 その1 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/43591518

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャイニング」146分版放送か!?:

« 「20世紀の幽霊たち」をめぐる冒険 その1 | トップページ | 謹賀新年 »