« 「平成生まれ 跳ねる!」/有岡大貴(Hey! Say! JUMP)はキング好き!? | トップページ | 「クリープショー」オークション情報 »

2009/01/07

ジャック・トランスの小説発売か!?

「All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy」 2009/01/07 eiga.comが伝えるところによると、なんと、スタンリー・キューブリックの「シャイニング」でジャック・トランスが書いていた小説が発売された模様。


著者名はジャック・トランス!「シャイニング」の映画内小説が本に

記録のために、全文を引用する。

[eiga.com 映画ニュース] スティーブン・キングの傑作ホラー小説をスタンリー・キューブリック監督が映画化した「シャイニング」(80)の中で、ジャック・ニコルソン扮する主人公の小説家ジャック・トランスが執筆していた小説が実際に本として発売された。

本のタイトルは「All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy」、著者名はジャック・トランス。といってもこれは、ニューヨーク在住のアーティスト、フィル・ビューラーが仕掛けたアーティストブック(ジョークブック)だ。

雪に閉ざされた山間のリゾートホテルに冬場の管理人としてやってきた、スランプ中の小説家とその妻と5歳の息子。彼らが遭遇する恐怖を描いたこの映画の中でも最も恐ろしく印象的なのが、ジャックが広いロビーで1人、一心不乱にタイプライターで打ち込んでいた“小説”の内容を妻ウェンディ(シェリー・デュバル)が目にしたシーンだろう。

そこにはただひたすら、数10ページにわたって「All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy」のフレーズが繰り返されているだけだった……。ジャックの狂気をまざまざと見せつけた名場面だ。「仕事ばかりしているとダメになる/よく学び、よく遊べ」といった意味のことわざだが、今回出版された本には80ページにわたってこのフレーズがレイアウトされている。

今回発表された「All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy」は、映画ファン、とりわけキューブリックファンなら一度は考え、人によっては実際にワープロ打ちした事があるミニマル・アートだと思う。
実際のところ、実はわたしも同コンセプトの原稿を以前作成した事がある。

とは言っても、タイプ打ちではなく、ワープロ打ちであるが・・・・。

「All Work and No Play Makes Jack a Dull Boy」
著者:Jack Torrance
出版社:
Gengotti Editore
ISBN-10: 8887381070
ISBN-13: 978-8887381078
ページ数:128ページ
判型:ペーパーバック

|

« 「平成生まれ 跳ねる!」/有岡大貴(Hey! Say! JUMP)はキング好き!? | トップページ | 「クリープショー」オークション情報 »

コメント

あ。小さな学校じゃないのね(笑
しかしネタ本というか何と言うか…

投稿: 倉林 | 2009/01/08 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/43669497

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・トランスの小説発売か!?:

« 「平成生まれ 跳ねる!」/有岡大貴(Hey! Say! JUMP)はキング好き!? | トップページ | 「クリープショー」オークション情報 »