« 「十の罪業 BLACK」 | トップページ | スティーヴン・キング、「トワイライト」の作家は文章能力がないとコメント »

2009/02/04

「Offspring」をめぐる冒険

「Offspring」 ジャック・ケッチャム原作のホラー映画「Offspring」の予告編が公開された。
原作は「襲撃者の夜」(扶桑社ミステリー文庫)。
監督はアンドリュー・ヴァン・デン・ハウテン。

「Offspring」予告編

ジャック・ケッチャムの「襲撃者の夜("Offspring")」は、 デビュー作「オフシーズン("Off Season")」の11年後を描いた続編。

ジャック・ケッチャムはデビューと同時にスティーヴン・キングに絶賛された作家で、ケッチャムの書籍にキングは序文なんかも書いたりしています。

折角なので、内容を紹介します。

「オフシーズン」
避暑客が去り冷たい秋風が吹き始めた九月のメイン州の避暑地。ニューヨークから六人の男女が休暇をとって当地にやって来る。最初に到着したのは書箱編集者のカーラ。すこし遅れて、彼女の現在のボーイフレンドのジム、彼女の妹のマージーとそのボーイフレンドのダン、そしてカーラのかつてのボーイフレンドのニックとそのガールフレンドのローラが到着した。六人全員が到着した晩に事件は勃発した。当地に住む“食人族”が六人に襲い掛かったのだ。“食人族”対“ 都会族”の凄惨な死闘が開始する。

「襲撃者の夜」
北米東海岸メイン州、海岸沿いのリゾート地。ある夜、残忍な殺人が起こり、女性二人が殺され、赤ん坊が行方不明になった。同じ場所で起こった十一年前の惨劇を想起した地元の警察は総出で捜査を始めるが、警察が出払っている最中に第二の惨劇が!かろうじて難を逃れたクレア、少年ルーク、赤ん坊メリッサを待っていた運命とは?キング絶賛、ホラー小説史上に輝くデビュー作「オフシーズン」の舞台を再び用いて鬼才ケッチャムが圧倒的な筆力で描きだした、現代ホラーの極限ともいうべき物語。

前作「オフシーズン」が強烈だっただけに「襲撃者の夜」の評価は若干低めですが、映画となるとこれはまた別の話だと思います。
日本で公開されるかどうかはわかりませんが、期待したいところです。
因みに「オフシーズン」「ヒッチャー」「ブルースチール」の脚本家エリック・レッドにより映画化の企画が進んでいるようです。

取りあえず、「オフシーズン」はオススメです。

|

« 「十の罪業 BLACK」 | トップページ | スティーヴン・キング、「トワイライト」の作家は文章能力がないとコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/43956696

この記事へのトラックバック一覧です: 「Offspring」をめぐる冒険:

« 「十の罪業 BLACK」 | トップページ | スティーヴン・キング、「トワイライト」の作家は文章能力がないとコメント »