« オーバールックホテルのカーペットが!? | トップページ | 「ミザリー」国内版BD発売決定! »

2009/09/22

北村龍平監督、スティーヴン・キング短編を映画化!!

2009/09/22にniftyニュースが伝えるところによると、北村龍平がスティーヴン・キングの「自宅出産」の映画化の監督に抜擢された模様。

北村龍平監督、スティーヴン・キング短編を映画化!!

記録のため、全文を引用する。

ハリウッドを拠点に活躍する北村龍平監督が、スティーヴン・キングの短編小説の映画化の監督に抜擢された。

ハリウッド進出第一弾となる、ホラー界の巨匠、クライヴ・バーカーの傑作短編を映画化した「ミッドナイト・ミート・トレイン」の日本公開が待たれる北村監督だが、アワー・シング・プロダクションズが権利を獲得した、スティーヴン・キングの短編「自宅出産」「いかしたバンドのいる街で」収蔵)の映画化で 監督を務めることになった。

「自宅出産」は、ゾンビで溢れ返った世界で、孤島に住む妊婦の主人公が死の世界から蘇った主人と対峙する、というスリリングなゾンビ作品。このプロジェクトは、現在企画開発の初期段階にあるという。

これ以外にも、北村監督のハリウッドでの新作は続々と決まっている。TopCowComicsの人気コミックを映画化するSFアクション大作 「Magdalena」、ヴィクター・ギシュラーのハードボイルドなアクション・ミステリー小説をベースにした「GunMonkeys」、戦慄のボディ・ ホラー「Teratoma」、さらに「VERSUS」のハリウッド版も制作進行中。これ以外にも数々のプロジェクトを抱えており、多忙を極める北村監督。 今後の快進撃に注目したい。(小林真里)

とのこと。

北村龍平については個人的にはあまり評価はしていないが、良くも悪くも自分の世界観を構築することは出来ていると思う。

「自宅出産」は北村龍平が撮りたがる題材ではないと思うのだが、ハリウッドシステムに飲み込まれて、個性が削がれそつない作品に落ち着くのではないか、とも思ってしまう。

北村テイストが突出した場合、カルトムービー化する可能性もあるかも。
タランティーノあたりが絶賛したりして・・・・。

|

« オーバールックホテルのカーペットが!? | トップページ | 「ミザリー」国内版BD発売決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/46284814

この記事へのトラックバック一覧です: 北村龍平監督、スティーヴン・キング短編を映画化!!:

« オーバールックホテルのカーペットが!? | トップページ | 「ミザリー」国内版BD発売決定! »