« 『「今日の早川さん」特別出張版』にキングネタがこんなに! | トップページ | Photos: Stephen King-inspired artwork »

2010/01/16

検死解剖中に遺体が目を覚ます!?

「キング堂ブログ支店」で紹介されていた記事ですが、スティーヴン・キングのファン的には非常に興味深いので当ブログでも紹介させていただきます。

検死解剖中に遺体が目を覚ます

記録のため全文を引用します。

インドのジャイプール東部で、昨年の12月25日、マナス・デオさん(44)は車にひき逃げされ、医師はデオさんの脈が停止しているのを確認し死亡証明書を書いた。しかしデオさんの検死解剖が始まったその時、デオさんが目を覚ましたという。デオさんは今回復に向かっているという。

ニュースソースはここ。

'Dead man' wakes up as autopsy starts

こちらも短い記事なので、引用します。

A man declared dead after being hit by a car woke up when coroners began his autopsy.

Manas Deo, 44, was injured after being run over on Christmas Day.

Doctors signed his death certificate after finding no pulse.

"It was a surprise for the hospital staff and family members when he woke up," said poice in eastern Jajpur. He is now recovering.

キングのファン的に何故興味深いかと言うと、まあ皆さんご承知かと思うのですが、キングの短篇集「第四解剖室」に収録されている同名の短篇「第四解剖室」の出来事にそっくりなのだ。

「第四解剖室」(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)よりあらすじを引用する。

ハワード・コットレルは、同僚から「征服王」と称されることもある有能な証券マン。ある日のゴルフ中、ハワードは突然倒れてしまう。ストレッチャーの上で意識を取り戻すが、声は出ないし、体も動かない。運ばれた先は第四解剖室。どうやら自分は死んだと思われているらしい。生存の証を立てようと必死の彼をよそに、新米の医者とその先輩らしき女医は、楽しげに解剖準備を進めている。果たしてハワードの運命は……?

機会があったら是非確認してみてください。

|

« 『「今日の早川さん」特別出張版』にキングネタがこんなに! | トップページ | Photos: Stephen King-inspired artwork »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/47308414

この記事へのトラックバック一覧です: 検死解剖中に遺体が目を覚ます!?:

« 『「今日の早川さん」特別出張版』にキングネタがこんなに! | トップページ | Photos: Stephen King-inspired artwork »