« 藤田新策の絵本論? | トップページ | スティーブ・ジョブズがキングの「Under the Dome」を!? »

2010/01/29

"The last of the great post-WWII American writers"

2010年1月27日に亡くなったJ・D・サリンジャーに対するスティーヴン・キングの追悼分がEW.comで公開されている。

Stephen King on J.D. Salinger: "The last of the great post-WWII American writers"

短い文章なので、記録のため、全文を引用する。

J・D・サリンジャー I wasn’t a huge Salinger fan, but I’m sorry to hear of his passing — the way you’d feel if you heard an eccentric, short-tempered, but often fascinating uncle had passed away. Not as great a loss as Beverly Jensen (her marvelous The Sisters from Hardscrabble Bay will be published this summer), who wrote only one book before dying of cancer at the age of 49, or of Raymond Carver, who was barely into his 50s; Salinger was, after all, in his 90s.

But it is a milestone of sorts, because Salinger was the last of the great post-WWII American writers, and in Holden Caulfield — maybe the greatest American-boy narrator since Huck Finn — he created an authentic Voice of the Age: funny, anxious, at odds with himself, and badly lost.

Salinger’s death may answer one question that has intrigued readers, writers, and critics for nearly half a century — what literary trove of unpublished work may he have left behind? Much? Some? Or none? Salinger is gone, but if we’re lucky, he may have more to say, even so.

スティーヴン・キングは自身の「骨の袋」で、主人公のマイク・ヌーナンのライターズ・ブロックと彼の言葉を借りて、サリンジャーの未発表原稿について触れ、また2002年のキング引退説の際にキングは「J・D・サリンジャーのように、書き上げた作品を貸金庫に預けておく」と語ったと言われている。

これは、1974年に行われたニューヨーク・タイムズ紙のサリンジャーへの電話インタビューの中でサリンジャーが語った「作品を出版しないでいれば平和な日々だ。私は書くことが好きで、今も自分の喜びのために書いている」を受けていると思われる。

「ニューヨーカー」1946-12-21号 なお、サリンジャーのキャリアの初期にニューヨーカー誌で発表された短篇が現在公開されている。要ログイン。

Postscript: J. D. Salinger

公開されているのは次の作品。(ニューヨーカー掲載日)

「マディソン街のはずれの小さな反抗」“Slight Rebellion Off Madison”
(December 21, 1946)

「バナナフィッシュに最適の日」“A Perfect Day for Bananafish”
(January 31, 1948)

「コネチカットのグラグラカカ父さん」“Uncle Wiggly in Connecticut”
(March 20, 1948)

「エスキモーとの戦争の直前に」“Just Before the War with the Eskimos”
(June 5, 1948)

「笑い男」“The Laughing Man”
(March 19, 1949)

「エズミに捧ぐ 愛と汚辱のうちに」“For Esmé—With Love and Squalor”
(April 8, 1950)

「愛らしい口もと、わが眼は緑」“Pretty Mouth and Green My Eyes”
(July 14, 1951)

「テディー」“Teddy”
(January 31, 1953)

「フラニー」“Franny”
(January 29, 1955)

「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」“Raise High the Roof Beam, Carpenters”
(November 19, 1955)

「ズーイー」“Zooey”
(May 4, 1957)

「シーモア序章」“Seymour: An Introduction”
(June 6, 1959)

ハプワース16,1924」“Hapworth 16, 1924” (June 19, 1965)

|

« 藤田新策の絵本論? | トップページ | スティーブ・ジョブズがキングの「Under the Dome」を!? »

コメント

Hello! dcggkbf interesting dcggkbf site!

投稿: Pharme678 | 2010/02/05 07:15

Hello! aedkkaa interesting aedkkaa site!

投稿: Pharmg312 | 2010/02/22 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/47420953

この記事へのトラックバック一覧です: "The last of the great post-WWII American writers":

» フラニーとゾーイー (新潮文庫) |サリンジャー [アマゾン探検隊]
フラニーとゾーイー (新潮文庫)サリンジャー新潮社 刊発売日 1976-04?『Franny and Zooey』(邦題『フラニーとゾーイー』)は、それぞれ別に発表された「Franny」(1955年)と「Zooey」(1957年)を1つにまとめた作品である。名門女子大で演劇や詩を学ぶグラース家の末娘フラニーは、過剰な自意識にさいなまれ、エゴの蔓延する世の中に吐き気をもよおし、デートの最中に失神する。心身のバランスをくずした彼女は、「ひたすら祈れば悟りが開ける」と説く「巡礼の道」という本に救いを見出そ... [続きを読む]

受信: 2010/02/04 20:01

« 藤田新策の絵本論? | トップページ | スティーブ・ジョブズがキングの「Under the Dome」を!? »