« 「刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー スティーヴン・キング」toppoiさんのレビュー始まる | トップページ | お客様だよ! て言うか、オーバールック・ホテルだよ! »

2010/03/23

「ドランのキャデラック」国内版DVDリリース決定!

「ドランのキャデラック」 スティーヴン・キング原作の映像化作品「ドランのキャデラック」の国内版DVDのリリースが決定した模様。

「ドランのキャデラック」
■商品説明
監視しろ。機会を待て。そして、絶対に殺すこと—
スティーブン・キング原作。衝撃のラストシーンが待つ復讐サスペンス!

■スティーブン・キング(「1408号室」「ミスト」)原作の最新作!
■妻を殺された男が、厳重な警備に守られた復讐相手に仕掛ける、衝撃的な奇策!
■クリスチャン・スレイター(「インビジブル2」)、ウェス・ベントリー(「ゴーストライダー」「アメリカン・ビューティー」)主演!
■主題歌は、クリスタル・ケイ!

■発売日 2010年6月3日

■販売価格:\3,990(税込)     \3,800(税抜)
   
■映像特典
オリジナル予告編

■ストーリー
トム・ロビンソンは、温和で善良な教師。彼の妻エリザベスは、ある日、偶然に殺人の現場を目撃する。犯人は、ラス・ヴェガスの冷酷なギャングのボス、ジェームズ・ドランだった。エリザベスはFBIからの身辺保護を条件に、ドランを告発する証言を行なうことに同意する。しかし、ドランの魔手は警護の隙をついて、エリザベスを死に至らしめてしまう。
ロビンソンは、ドランを裁判にかけるために手を尽くすが、確かな証拠がないため成功しない。打ちひしがれるロビンソンのもとへ、死んだ妻の “幻影”が訪れ始める。「監視すること。機会を待つこと。そして、絶対に殺すこと—」。エリザベスが語りかける言葉に背を押されるように、ロビンソンは復讐の計画に身を投じていく—。

■スタッフ
原作:スティーブン・キング「ドランのキャデラック」(文春文庫)
脚本:スティーブン・キング/リチャード・ドーリング
監督:ジェフ・ビーズリー
製作:ロンダ・ベーカー
撮影:ジェラルド・パッカー
音楽:ジェームズ・マーク・スチュワート
主題歌:Crystal Kay「HOLD ON」

■キャスト
クリスチャン・スレイター (「インビジブル2」)/吹替:宮内敦士
ウェス・ベントリー (「ゴーストライダー」「アメリカン・ビューティー」)/吹替:加藤亮夫
エマニュエル・ヴォージエ (「CSI:ニューヨーク」シリーズ)/吹替:井上まひろ
グレッグ・ブリック /吹替:上田燿司
アル・サピエンツァ /吹替:青山穣

■発売元・販売元:松竹株式会社 映像商品部

【品番】DZ-0428
【税込価格】3,990円(セル)
【POSコード】4988105061453
【尺数】本編89分
【公開日・劇場等】洋画未公開作品
【製作年度】2009年
【製作国】イギリス・アメリカ
【英題】 Dolan’s Cadillac
【ジャンル】サスペンス/クライム
【音声】ドルビーデジタル・英語(オリジナル)5.1chサラウンド/ドルビーデジタル・日本語(吹替)ステレオ
【字幕】日本語字幕/吹替用字幕
【画面サイズ】16:9/シネスコサイズ
【カラー/モノクロ】カラー
【層】片面一層

|

« 「刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー スティーヴン・キング」toppoiさんのレビュー始まる | トップページ | お客様だよ! て言うか、オーバールック・ホテルだよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/47890631

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドランのキャデラック」国内版DVDリリース決定!:

« 「刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー スティーヴン・キング」toppoiさんのレビュー始まる | トップページ | お客様だよ! て言うか、オーバールック・ホテルだよ! »