« 「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、親友の葬儀には出席せず | トップページ | キングのサイン入りパイプがKeens Steakhouseに!? »

2010/03/17

黒史郎の「ラブ@メール」はキングの「セル」の影響を受けてるのか?

2010年3月10日に光文社から出版された黒史郎の「ラブ@メール」は、スティーヴン・キングの「セル」の影響を受けている模様。

「ラブ@メール」 「ラブ@メール」
著者:黒史郎
出版社:光文社/光文社文庫
発売日:2010年3月10日
定価:600円(税込み)

七夕の日、突然、世界中のカップルがバタバタと死に始めた。お互いを貪るように求め合った後に悶死するのだ。さらに、相手がいない者は、狂わんばかりに「愛」を求めて街を彷徨う。その姿は、ゾンビのようだった。伝染病? それとも細菌テロ? “発症”を免れた裕也と妊婦の唯は、自衛隊員の大熊と出会い、驚くべき事実を知る――。新鋭が放つ、異形なる愛の物語。

スティーヴン・キングの「セル」の影響云々は、WEB幽で公開された黒史郎のインタビューを参照いただきたい。インタビュアーは朝宮運河。

「ラブ@メール」黒 史郎インタビュー

関連部分を引用する。

朝宮運河----黒史郎待望の新作は魅力的なキャラクター、スリリングな展開、独創的なアイデアと三拍子揃ったSFホラー長編だ。ジョージ・A・ロメロのゾンビ映画をも連想させる恐怖の終末世界を、作者は豊富なエピソードとともに活写する。

黒史郎----「〈ゾンビ〉という言葉は出していますけど、死人が襲ってくるわけじゃないので厳密には違いますよね。あえて近い例を探すとスティーヴン・キングの『セル』みたいな世界でしょうか。エピソード作りには日々の妄想癖が役に立ちました。マンションにゾンビが侵入してきたらどうしようとか、外出先で大事故に巻き込まれたらどうやって家族を守ろうとか、毎日そんなことばかり考えているんですよ。僕は運動神経がないので、そうやってシミュレーションしておかないと不安なんです。
  執筆中すごく悩んだのは、この世界における子どもの扱いをどうするかということ。子どもが死ぬシーンは書いていてあまり気分のいいものじゃないし、あんな世界でもやっぱり子どもには生き延びてほしいと思った。『デビルマン』みたいに容赦なく描いちゃうというのもひとつの選択なんですが、そうしないでも破滅モノって書けるんじゃないかと」

いかがでしょう。
結構面白そうですね。
関心がありましたら是非読んでみて下さい。
わたしは現在のところ未読ですが、Amazon.co.jpで注文だけしました。

|

« 「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、親友の葬儀には出席せず | トップページ | キングのサイン入りパイプがKeens Steakhouseに!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/47828716

この記事へのトラックバック一覧です: 黒史郎の「ラブ@メール」はキングの「セル」の影響を受けてるのか?:

« 「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、親友の葬儀には出席せず | トップページ | キングのサイン入りパイプがKeens Steakhouseに!? »