« 「Under the Dome」の翻訳は2011年3月までの出版なのかな!? | トップページ | 黒史郎の「ラブ@メール」はキングの「セル」の影響を受けてるのか? »

2010/03/16

「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、親友の葬儀には出席せず

2010年3月16日にシネマトゥディが伝えるところによると、薬物の過剰摂取のため急死したコリー・ハイムの葬儀に、親友のコリー・フェルドマンは出席しないことが明らかになった模様。

コリー・フェルドマンとコリー・ハイムは、1980年代に「Wコリー」と呼ばれ人気があり、彼らは公私ともに親交があった。

「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、親友の葬儀には出席せず

記録のため、全文を引用する。

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 薬物の過剰摂取のため急死したコリー・ハイムの葬儀に、親友のコリー・フェルドマンが出席しないことが明らかになった。

 WENNによると親友の死を知った時には涙したと言っていたフェルドマンだが、亡くなったコリーの家族の意思を尊重して葬儀に参列しないことにしたという。「コリーが亡くなってからコリーの母親ジュディと何日も一緒に過ごしてきました。彼女は僕にとっても母親のような存在です。僕も葬儀でコリーの側にいてあげたいと思いますが、プライバシーを重視したいという家族の気持ちを尊重して参列しないことにしました」とフェルドマンはコメントしている。葬儀は親族だけのプライベートなものになるとのこと。葬儀費用はコリーの私物をオークションにかけている記念グッズ会社が寄付すると発表されている。

関連ニュースを紹介する。

子役で人気 コリー・ハイム38歳で死去 薬物過剰摂取

コリー・ハイムさん急死!「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、涙をこらえてコメント

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 10日、薬物の過剰摂取で亡くなったと報じられているコリー・ハイムさんの死について、子役時代から親交のあったコリー・フェルドマンが、CNNの番組「ラリー・キング・ライブ」でコメントした。

 映画「ロストボーイ」「運転免許証」、最近ではリアリティー番組で共演してきたフェルドマンは「つい3、4日前に会ったばかりなのに、ショックだよ」と告げた後、そのときのハイムはとても明るかったとコメント。さらにハイムの死因が薬物過剰摂取であると断定するのはまだ早いと苦言を呈している。

 またハイムさんへのゴシップやひぼう中傷についても「ゴシップ誌に書いてある、『麻薬常習者』『デブ』『過去の人』『負け犬』などの中傷を読んで笑う人がいるとするなら、自分を見つめ直し、自分が一体誰なのかを問いただす必要がある」と厳しい口調で批判。

 最後にフェルドマンは「ハイムは、芸術、エンターテインメントに光を与えてくれた人物。これからも美少年で面白く、僕たちを惹(ひ)きつけてやまないキャラクターとして記憶に残ることを心から祈っている」と涙をこらえながら、親友の死を悼んでいた。

亡くなったコリー・ハイムさん、葬式代が出せず両親がネットでファンに寄付を呼びかけ

葬儀費用が足りないコリー・ハイムさん、葬儀ができる見通しに!ファンや記念グッズ会社の寄付集まる

|

« 「Under the Dome」の翻訳は2011年3月までの出版なのかな!? | トップページ | 黒史郎の「ラブ@メール」はキングの「セル」の影響を受けてるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/47828315

この記事へのトラックバック一覧です: 「スタンド・バイ・ミー」のコリー・フェルドマン、親友の葬儀には出席せず:

« 「Under the Dome」の翻訳は2011年3月までの出版なのかな!? | トップページ | 黒史郎の「ラブ@メール」はキングの「セル」の影響を受けてるのか? »