« ジョー・ヒルが考える最悪の死様とは? | トップページ | 「運命のボタン」原作者リチャード・マシスンブーム到来! 豪華トリビュート本発売! »

2010/04/12

bk1の「サンジョルディの日」のキャンペーンにダーク・タワーが!?

bk1「サンジョルディの日」特製ブックマークプレゼントキャンペーン オンライン書店bk1(ビーケーワン)では、「サンジョルディの日」特製ブックマークのプレゼントキャンペーンが実施されている。

そのブックマークのデザインが、なんとも「ダーク・タワー」的だったりする。

bk1「サンジョルディの日」特製ブックマークプレゼントキャンペーン

黒いブックマークは正に「ダーク・タワー」的だと思わないかね、諸君。

因みに「サンジョルディの日」とは、

元来は、キリスト教の聖人で、イングランド、ポルトガル、グルジア、スペインのカタルーニャ地方などの守護聖人である聖ゲオルギウスの祝日であり、イングランドではナショナルデーとされている。カタルーニャ地方では、伝統的にこの祝日に男女が赤いバラなどを贈りあうというバレンタインデーと似た風習があった。

1923年に、カタルーニャ地方の本屋が、この日が、小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、さらにシェイクスピアの誕生日(1564年)であって命日(1616年)でもあるという、文学に非常に縁の深い日でもあることと結びつけて、プレゼント用に本を買うと赤いバラを添えて、本を贈るという風習を広めた。現在のカタルーニャ地方では、この日は男性は女性に赤いバラを贈り、女性は男性に本を贈る日とされており、男女ともに本を贈りあうことも多い。

日本では、日本書店組合連合会と日本カタルーニャ友好親善協会が中心になり、1986年に 4月23日を「サン・ジョルディの日」と定めた。サン・ジョルディ(Sant Jordi)は、聖ゲオルギウスのカタルーニャ語での表記である。もっとも、制定から20年以上が経過するにもかかわらず、日本における知名度はそれほど高くないのが現状で、プレゼントの風習も定着しているとは言いがたい。当初より、書店・花屋両業界とも、宣伝にはそれほど力を注いでいない。

以上の通り4月23日は、聖ゲオルギウスを守護聖人とする国及び地域をはじめとするキリスト教徒の間で祝われているが、「サン・ジョルディの日」という名の記念日としているのはスペインと日本のみである。

ユネスコは、この日を1996年から世界図書・著作権デー(World Book and Copyright Day、世界本の日とも)とし、現在は国連の国際デーになっている。日本では、この日は2001年12月に公布された子どもの読書活動の推進に関する法律第10条において子ども読書の日に定められており、スペインではこの日は本の日でもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とのこと。

まあ、簡単に言うと、本を贈りあう記念日と言うことである。

折角なので、わたしにも何か本ちょうだい。
図書カードでも良いですよ。

|

« ジョー・ヒルが考える最悪の死様とは? | トップページ | 「運命のボタン」原作者リチャード・マシスンブーム到来! 豪華トリビュート本発売! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/48051953

この記事へのトラックバック一覧です: bk1の「サンジョルディの日」のキャンペーンにダーク・タワーが!?:

« ジョー・ヒルが考える最悪の死様とは? | トップページ | 「運命のボタン」原作者リチャード・マシスンブーム到来! 豪華トリビュート本発売! »