« 「ちいさなまち」と絵本論? | トップページ | 伊藤計劃もキングの影響を・・・・!? »

2010/04/05

「ペット・セマタリー」みたいな出来事が・・・・

今日は全くの余談。

交通事故で死んだはずのネコが再び飼い主の前に現れる

Cat killed by car 'comes back to life' nine months after owner buries him

記録のため全文を引用する。

交通事故に遭って死んだと思われていたネコが、死体を墓に埋めて9ヶ月が経ってから飼い主の前に現れるという出来事があったそうです。

なんだかスティーヴン・キングの「ペット・セメタリー」を思い出させる話ですが、いったいどういうことなのでしょうか。

この記事によると、2009年の6月にイギリスのグレートマンチェスターに住むアンジェロ・ペトリロさん(39歳)が飼っていた「アルフィー」と思われる赤毛のネコが、アンジェロ邸近所の道路脇に全身を強く打って死んでいるのを友人が発見したそうです。その知らせを聞いたアンジェロさんは非常に悲しみ、死体を引きとって墓に埋めたとのこと。

その後、アンジェロ一家はすぐに「フレディー」というアルフィーとそっくりなネコを連れて引っ越したのですが、今月になって前の家の近所に住んでいた人から「アルフィーらしきネコがあなたの家の前で一晩中寂しそうに鳴きながら一生懸命中に入ろうとしていたよ」という連絡を受けたそうです。アンジェロ夫妻がすぐに前の家に駆けつけてみると、そこにいたのは確かにアルフィーであり、どうやら交通事故で死んだと思われていたのはアルフィーにそっくりなネコであったことが判明したとのこと。

なぜ9ヶ月間も行方不明になっていながらやせ細っていたりせず元気な状態だったのかは不明ですが、誰かが路頭に迷っているアルフィーを見つけて飼っていたのではないかと考えられているそうです。

超マユツバなお話ですが、折角スティーヴン・キングの名前と「ペット・セメタリー」のタイトル名が記事に掲載されているので紹介して見ました。

余談だけど、映画は「ペット・セメタリー」だけど、原作は「ペット・セマタリー」ね。


|

« 「ちいさなまち」と絵本論? | トップページ | 伊藤計劃もキングの影響を・・・・!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/48009293

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペット・セマタリー」みたいな出来事が・・・・:

« 「ちいさなまち」と絵本論? | トップページ | 伊藤計劃もキングの影響を・・・・!? »