« 「ヘイヴン」からポストカードが!? | トップページ | 「FULL DARK, NO STARS」のゲラ »

2010/07/26

「オズの魔法使い」「ショーシャンクの空に」・・・原作本を凌駕する映画8本

2010年7月22日に@nifty映画が伝えるところによると、Shmoop.comが、原作本を凌駕する映画8本を発表した模様。

「オズの魔法使い」「ショーシャンクの空に」・・・原作本を凌駕する映画8本

記録のために全文を引用する。

映画化によって原作の魅力が失われる作品が多い中、そんな定説を打ち破る名作8本を<Shmoop.com>が紹介している。

1、The Wizard of Oz(邦題:オズの魔法使い、1939年、原作タイトル:The Wonderful Wizard of Oz
2、Casablanca(邦題:カサブランカ、1942年、原作:Everybody Comes to Rick’s
3、Jaws(邦題ジョーズ:、1975年、原作:同じ)
4、The Princess Bride(邦題:プリンセス・ブライド・ストーリー、1987年、原作:同じ)
5、The Shawshank Redemption(邦題:ショーシャンクの空に、1994年、原作:Rita Hayworth and Shawshank Redemption
6、Forrest Gump(邦題:フォレスト・ガンプ/一期一会、1994年、原作:同じ)
7、Twilight(邦題:トワイライト ~初恋~、2008年、原作:同じ)
8、Angels & Demons(邦題:天使と悪魔、2009年、原作:同じ)

『オズの魔法使い』で主人公のドロシーを演じたジュディ・ガーランドが歌う「Over the Rainbow(邦題:虹の彼方に)」は、アカデミー賞歌曲賞を受賞。また、ハードボイルドという言葉がぴったりの名優ハンフリー・ボガートと、絶世のスウェーデン美女イングリッド・バーグマンが共演した『カサブランカ』で、リック(ボガート)がかつての恋人イルザ(バーグマン)に投げかける言葉「君の瞳に乾杯(Here's looking at you, kid.)」は、名セリフとしてあまりにも有名だ。

そして近年では、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの絶妙な演技が見られる『ショーシャンクの空に』。こちらは興行的には芳しくなかったものの、その後ビデオ化されると一気に評価が上昇。受賞は逃したものの、アカデミー賞やゴールデングローブ賞にもノミネートされ、日本アカデミー賞では外国作品賞を獲得している。

また、このほかにも、スティーヴン・キングの『The Body』を原作とした『スタンド・バイ・ミー』(1986年)や、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『風と共に去りぬ(原作:Gone With The Wind)』(1939年)など、原作と映画の両方が素晴らしい作品もあるので、それぞれ比べてみるのも楽しいかもしれない。

相変わらず、「ショーシャンクの空に」がランクインしているね。

|

« 「ヘイヴン」からポストカードが!? | トップページ | 「FULL DARK, NO STARS」のゲラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/48983106

この記事へのトラックバック一覧です: 「オズの魔法使い」「ショーシャンクの空に」・・・原作本を凌駕する映画8本:

« 「ヘイヴン」からポストカードが!? | トップページ | 「FULL DARK, NO STARS」のゲラ »