« テレビ東京系「ミューズの晩餐」で「スタンド・バイ・ミー」が!? | トップページ | 「これはゾンビですか?」もキングの影響を!? »

2011/01/20

ウィル・ウィートンのオタクな人生!?

2011年1月17日にオンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]に、映画「スタンド・バイ・ミー」でゴードン・ラチャンスを演じたウィル・ウィートンの記事が掲載された。

『NARUTO』の声優も! 『スタンド・バイ・ミー』ゴーディーのオタクな人生

記録のため全文を引用する。

 

小さな田舎町に住む4人の少年たちが繰り広げる、ひと夏の冒険を描いたノスタルジックな青春映画『スタンド・バイ・ミー』(1986)。多感で繊細 な少年たちの心情を見事に描写した同作で、兄を亡くし両親から邪険にされているゴーディを演じたのがウィル・ウィトンです。ゴーディは、映画の原作者スティーブン・キング自身だとされ、感情表現するのが非常に難しい役でしたが、ウィルは見事熱演。親友クリス役を演じたリバー・フェニックスと人気を二分し、ハリウッドの若きスターとして注目を浴びるようになりました。

 ウィルは、子役として経験を積んでいたため『スタンド・バイ・ミー』出演時には、ベテラン顔負けの演技力を身につけていました。映画で大ブレイクした後は、共演者のリバーやキーファー・サザーランドのように銀幕の世界で活躍するのだろうと誰もが確信しました。しかし、ウィルが選んだのは、映画ではなくTVの世界。TVドラマやTV映画で、着実に俳優としてのキャリアを積み上げていったのです。

 87年にレギュラー出演した人気SFドラマ『新スタートレック』では、『スタンド・バイ・ミー』とは異なる層のファンを獲得。宇宙船エンタープライズDの最年少クルーを演じ、ティーンやSFファンから絶大なる人気を得るようになったのでした。

 『スタンド・バイ・ミー』で共演したリバーは、93年にヘロインとコカインの過剰摂取により23歳の若さで急死しています。ウィルは、リバーの死について「薬物やアルコールに漬かっていたことは知っていたから、驚かなかった」と回想。2人は、ウィルが15歳になるまで大親友だったそうで、映画の成功により急に注目され、パパラッチに追いけまわされ苦しむリバーの姿を間近で見ていたそうです。

 「でも注目されなければスターで居続けることはできない。リバーはそんな状態に苦しみ、薬物に逃げるようになっていた。僕は嫌気がさすというより、怖くてなってしまい、外に出なくなった。そして、ゲームやインターネットの世界へ逃避するようになったんだ」とウィルは語っていますが、俳優業の傍ら、そのゲームやインターネットの世界で一目置かれる存在へと大成長。

 オタクのイベントには時間を許す限り顔を出し、2001年には自身が立ち上げたウェブサイト『WIL WHEATON dot NET』の掲示板でファンやオタクたちと交流を開始。ブログの記事をまとめた自伝書『Dancing Barefoot』はヒットとなり、出版社から契約オファーを受けオタクへの道を綴った『Just a Geek』もリリース。オタク系サイトや雑誌に寄稿するなど著述業としても知名度を上げていったのです。ほかにも、映画やアニメーション、ゲームなどの開 発ツール・プロバイダ米NewTek, Inc.で、Video Toaster 4000の開発に携わるほど、技術系オタクを超える活動もしています。

 また、DCコミックのアニメ『ティーン・タイタンズ』やアニメ『NARUTO -ナルト-』『黒神』など数多くのアニメにも声優として出演。インターネットで配信されているウェブ・コメディ『LoadingReadyRun』やウェ ブ・シリーズ『Gorgeous Tiny Chicken Machine Show』などにも登場し、スケッチコメディーの舞台にも立っています。

 01年にはインディペンデント映画『The Good Things』で俳優として高く評価され、映画祭で賞を獲得。07年、08年には人気ドラマ『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』『クリミナル・マインド FBI行動分析課』にゲスト出演し、話題となりました。

 ウィルの人柄を語る素敵なエピソードがあります。10年8月、テレサという女性ライターが21年前にウィルのファンクラブに申し込んだものの、何らかの手違いで何も送られてこなく「当時8歳だった私はひどく落ち込んだ」という話を、大手SFサイトで記事にしました。

 これを読んだウィルは、当時のファンクラブのグッズを探しまくり、早速彼女に郵送。「8歳のテレサへ」という手紙も同封しました。手紙はサイトで 公開されたのですが、「こんなに長く待たせてゴメンね。15歳のぼくは仕事と学校で忙しくて、ファンクラブはほかの人がやってくれていたんだ。手違いで入 会手続きするのを忘れてしまったんだと思う」「もうずっとファンクラブは活動をしていないけど、メンバーズカードと特典グッズをお送りします。今のぼくは 結婚して2人の男の子のパパなんだ。君と一緒で執筆もしているよ」「最後に、もう一度、8歳のテレサへメッセージ。僕が何で知っているのか明かせないけ ど、君は大人になったら素晴らしいライターになるよ。だからちゃんと学校に通い、自分がされたいと思うように人に優しく接してね」と綴られており、多くの 人々の心を打ちました。

 ハリウッドA級スターではないけれど、自分の好きな仕事を生き生きとこなしているウィル。彼の生き方を理想としている俳優はとても多いそうです。

わたしは、映画ファンでもあり「スタートレック」ファンでもあるので、ウィル・ウィートンが「新スタートレック」でウェスリー・クラッシャーを演じていたのは知っていたが、その後声優活動をしているところまではもれ聞いていたのだが、オタク人生を送っていたのことは知らなかった。

以前も紹介したけど、最後のエピソードは有名ですよね。

ウィル・ウィトンが送った手紙の内容を別の記事から紹介する。

------------------
8さいのテレサちゃんへ
とくてんグッズを送ります。おくれちゃってごめんなさい。
15さいのぼくは、しごとと学校でいそがしい毎日をおくっていました。グッズのたんとうの人がまちがえちゃったんだとおもいます。
きみはしょうらい、きっといいライターになるよ。だからしっかりべんきょうして、人にはしんせつにしてあげてね。
------------------

|

« テレビ東京系「ミューズの晩餐」で「スタンド・バイ・ミー」が!? | トップページ | 「これはゾンビですか?」もキングの影響を!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/50632850

この記事へのトラックバック一覧です: ウィル・ウィートンのオタクな人生!?:

« テレビ東京系「ミューズの晩餐」で「スタンド・バイ・ミー」が!? | トップページ | 「これはゾンビですか?」もキングの影響を!? »