« 「Android 3.0」のプロモーションに「FULL DARK, NO STARS」が!? | トップページ | テレビ東京系「ミューズの晩餐」で「スタンド・バイ・ミー」が!? »

2011/01/15

「Under the Dome」翻訳校正 続報その1

スティーヴン・キングの最新長編「Under the Dome」の翻訳の校正が始まった件については、以前のエントリー『「Under the Dome」翻訳の校正がスタート!?』で紹介させていただいているが、今日はその続報。

「Under the Dome」
著者:スティーヴン・キング
翻訳:白石朗
出版社:文藝春秋

これについては前回同様、文藝春秋社の編集者 @Schunag さんのつぶやきを基にしています。


いかがでしょう。
今回のまとめのキーワードとしては、

「Under the Dome」翻訳の出版時期は、2011年4月の予定。
「霧」に近いかも。
・テンションは高く、初期作品風。
・ジーザス・フリークのむかつく人物が登場する。
・死者数は膨大。
・最悪の策謀を練る人物が登場する。

というところでしょうか。

キングファンとして期待はドームのように膨らんできております。

勿論、 @Schunag さんのつぶやきにも期待してますよ。

|

« 「Android 3.0」のプロモーションに「FULL DARK, NO STARS」が!? | トップページ | テレビ東京系「ミューズの晩餐」で「スタンド・バイ・ミー」が!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/50590234

この記事へのトラックバック一覧です: 「Under the Dome」翻訳校正 続報その1:

« 「Android 3.0」のプロモーションに「FULL DARK, NO STARS」が!? | トップページ | テレビ東京系「ミューズの晩餐」で「スタンド・バイ・ミー」が!? »