« ついに、わが手に来たか! | トップページ | 「ダーク・タワー」シリーズのローランド役はハビエル・バルデムか!? »

2011/04/07

「アンダー・ザ・ドーム」のゲラのテクニカルスペックは?

「アンダー・ザ・ドーム」のゲラ

どうだ!
これが
「アンダー・ザ・ドーム」のゲラだ!

いきなりで恐縮ですが、「アンダー・ザ・ドーム」のゲラの写真はもう何度もなんども紹介しているので、またかよ、もう見飽きたよ、と仰る方も多々いらっしゃるかと思いますが、すいませんがもう少し我慢してやって下さい。

なお、写真前列が「アンダー・ザ・ドーム」のゲラ(B4サイズ)、後列左から「Under the Dome」の原書、そして@Schunagさんからゲラの送り状として同封されてきたポストカード(J.G.Posada : Doctor improvising a tall tale.)。

因みに、J.G.Posada(1852–1913)は骸骨のイラストばかり描いているメキシコのイラストレーター。名前は知らなくてもイラストは多分見たことあると思いますよ。おそらく、@SchunagさんはJ.G.Posadaのファンなんでしょうね。

さて、ここからが今日の本題、と言っても本題の前振り。

昨日、ツイッター上で、自宅に「アンダー・ザ・ドーム」のゲラが届いた話をしていたら、@Ka_Fujiさんに、続きが気になる、と言われ、次回はスリーサイズ(BWH)を公開します、と言ったら、重量もお願いします、と返された。

折角なので、今日は「アンダー・ザ・ドーム」のゲラのテクニカルスペックを・・・・

ダメすか。
皆さん、そんなところに興味ないですかね?

因みに、その時のツイートは次の通り。

@tkr2000
ブログ更新【ついに、わが手に来たか!】 http://t.co/tZrBRm0 「アンダー・ザ・ドーム」のゲラがtkr邸に届いた話。ネタバレなし。

@Ka_Fuji
続きが…ブログの続きが気になります!(^-^

@tkr2000
次はゲラの実測サイズ(BWH)です。(嘘)

@Ka_Fuji
重量もお願いしますw

ところで、@Ka_Fujiさんの「Ka」って、もしかしたら「ダーク・タワー」シリーズの「Ka」ですかね。
やっぱ違いますか。でもそう言うことにしておきましょう。

ドロドロドロドロドロドロドロ・・・・
それでは、発表します。
「アンダー・ザ・ドーム」のゲラのテクニカルスペックは、

全長:全幅:全高=257mm:364mm:64mm
総重量:4000g
総頁数:1380p
総枚数:689枚

体積:・・・・は、いらないっすよね。

「アンダー・ザ・ドーム」のゲラはさっきお話ししたようにB4サイズで、右上がステープル(ホチキス)留めされています。
このゲラは上・下巻なんですが、9つのパートに分けてステープル留めされています。

また、ゲラにはトンボとノンブル(ページ番号)が印刷されており、更に、印刷されたゲラの拡張子付きファイル名も印字されているので、どのDTPソフトウェアで版組したのかもわかります。

さて、ゲラを眺めて気になったのは本編が始まるのが遅い、と言うこと。
と言うのも、ゲラのp1に献辞があるのですが、本編第一章の扉はなんとp15。

目次とか、舞台になる街の地図とか登場人物とかの紹介があるのですが、特に登場人物の紹介にページを割いていますね。

やはり、登場人物が多い、と言うことでしょうね。

さて、それではそろそろ本編に入りますか、と言うところなのですが、その直前のページに「アンダー・ザ・ドーム」の装画を担当された方と装幀を担当された方の名前が。

今日はここまで。

|

« ついに、わが手に来たか! | トップページ | 「ダーク・タワー」シリーズのローランド役はハビエル・バルデムか!? »

コメント

続き、ありがとうございますm(_ _)m
4kgですか…。
さすが出す本出す本、電話帳並みの作家キングだけあります。
分厚いゲラなのに紐綴じもしていないものなのですね。
風が吹いてバラバラになったらと思うと、怖くてテラス席でお洒落に読めませんね。

こういう書籍の組版を何でやっているのか、ちょっと興味ありますね。


> @Ka_Fujiさんの「Ka」って、もしかしたら「ダーク・タワー」シリーズの「Ka」ですかね。
ふふふ…そういう事にしておきましょう( ̄ー+ ̄)

投稿: Horka(Ka_Fuji) | 2011/04/08 17:14

体積は、5,987,072mm^2ですな。
なに?ピンとこない?
なら、5,987.072cm^2では?
は?全然ダメ?



かといって、0.005987072m^2じゃあ、もっと分かんないでしょ。

では約6リットルとしてみよう。
すごいんじゃね?(笑)

投稿: 103 | 2011/04/11 17:58

トレイド版ペイパーバックの大きさは、キングの解説を含め1,074頁もあるためか判自体はマスマーケット版と同じ。
195mmX165mm
但し厚さは、
60mm
重さは、
780g
まぁ日本語の国語辞典の携帯版並。

比較として手元にある“The Dark Tower V Wolves of the Calla”が、
714頁
225mmX150mm
厚さ:45mm
重さ:860g
バーニー・ライトスンのイラスト10頁付き。

ペットボトル入り500mlのお茶より重い。

現在960頁まで読破。面白い。ここまでは敵役が強力で期待を裏切らない面白さ。
日本語訳で気になるのが、途中3ヶ所ある現在形で書かれている部分。ここを正確に訳せるか気になってます。
“The stand”と似た描写が1ヶ所有ります。楽しみしていて下さい。

投稿: CYPRESS | 2011/04/24 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/51325760

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンダー・ザ・ドーム」のゲラのテクニカルスペックは?:

« ついに、わが手に来たか! | トップページ | 「ダーク・タワー」シリーズのローランド役はハビエル・バルデムか!? »