« 5月23日発売の「週刊現代」に風間賢二の「アンダー・ザ・ドーム」のレビューが!? | トップページ | ほむらはガンスリンガーなのか!? 「魔法少女まどか☆マギカ」をめぐる冒険 »

2011/05/23

「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その3

さあ、今日は『「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その3』だよ。
先ず最初に、先日のエントリー『「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その1』、ついでに、『その2』も参照してね。

で、今日のお話は、三次会のお話が中心になるので、キングにあんまり関係ないかも知れませんし、酔っぱらいの記憶によるものなので、誤りや記憶違いがあると思いますが、その辺はご容赦願います。

(承前)

4.三次会

「スティーヴン・キング酒場」の会場を後にした、藤田新策氏、白石朗氏、永嶋俊一郎氏、その他4名の計7名は、三次会に行く事になった。

因みに、三次会の首謀者は藤田新策氏。

さて、ここからは、わたしの広大な記憶倉庫からこぼれ落ちた記憶の羅列。
こんな話をしながら、だらだら飲んでいた、と言うことである。
誰が何を言ったのかは、想像してみてね。

1)音楽の話

三次会に参加したのは、音楽に造詣が深いメンバーだったので、音楽に関する話題が続いた。

「schola 坂本龍一 音楽の学校」最高。
特に「ドラムズ&ベース」が最高。

そう言えば、あのアーティストのあのアルバムのあの曲のベースは細野さんですよ。
で、こっちのアーティストのこの曲のレコーディングにも参加しているはずですよ。
どうりで、ところで、あの曲のベースは誰? 小原

とか言う、どの楽曲に誰々がサポートメンバーとして参加しているとかいないとか言う話が続く。

ビートルズのリンゴはあまり評価されてないけど、天才だよね。
リンゴのドラムを再現するユキヒロも天才。
リムショットにもいろいろ違いがあるんだよね。
そう言えば、エルレガーデンのドラムも印象的ですよ。スネアのチューニングを高めにして乾いた音が。
あと、リズムパターンで随分遊んでるよね。

もみあげを切ってる人の音楽が好き。
クラフトワーク最高。
ぼく、クラフトワークを聞いた事ないんですけど、何を聞けば良いんですか。
全部。
1991年に「The Mix」って言うリミックスのベスト盤が出てますよ。

♪「ワンダーホゲル、ヨロレイ・・・・」
それはゲルニカ

「サウンドストリート」のデモテープ特集。
「意図的にやっているとしたら天才です」

2)映画の話

三次会に参加したのは、映画に造詣が深いメンバーだったので、映画に関する話題が続いた。

「ブレードランナー」のロイ・バッティの最後のセリフって元々の脚本にはなかったんだって。って言う話をしたら、宮部みゆきがそのセリフを暗唱し始めた。
小説家って凄いよね、全部そのまま覚えるんだから。

ちょっとやってみてよ。
ロイ・バッティのセリフはダメだけど、これなら出来ますよ。

昔の映画ファンは、数人いれば、映画のセリフ、音楽、SEを手分けして、宴会芸みたいな感じで映画を再現出来たよね。
「帝国の逆襲」とか「カリオストロの城」とか。

中島敦の「山月記」の暗記合戦は子どもの頃やりましたよね。

3)メイリングリストの話

2000年にgo_madさんが開設したスティーヴン・キングの関するメイリングリスト KING OF HORROR と、読書好きのメイリング・リストBook Worm's MLに白石朗さんが参加していた。と言う話が出た。

2000年前後に、キングの話とか翻訳物の話とかを好き勝手に語っていたメイリング・リストである。

ログは全部とってる。
だから、みんなの恥ずかしい過去はみんな知ってるぞ、おまえら好き勝手な事言ってただろう。

4)「アンダー・ザ・ドーム」の話

キングの作品と思えない位面白かった。
娯楽だけにシフトした作品。
タイプとしては「セル」に似てるかも。

「アンダー・ザ・ドーム」「IT」のマーク出てたでしょ。
カメオって、28年振りに「IT」くんが出てきたのかと思ってた。

サバービアとスモールタウンの話が続く。
村上春樹もそんなこと言ってますよね。
どこで。
村上春樹のエッセイ「スティーヴン・キングと郊外の悪夢」(「やがて哀しき外国語」に収録)で。

5)イラストの話

本を読んでいてイラストレーターを意識したのは、生頼範義が最初だった。
一連の平井和正の装画で。
生頼の原画はでかい。
ポスター位でかい。
藤田さんの原画のサイズは小さい。
Size Matters Not.

6)ワセダミステリクラブの話

ワセダミステリクラブの話がいろいろとでました。

いろんな業界でいろんな仕事をしているOB・OGの皆さんの話。

そうこうしているうちに、午前3:00を回り、三次会はお開きに。

タクシーで帰る人は近い人同士で相乗りで、ホテルに泊まる人はホテルへ。

そんな感じでお疲れさまでした。

|

« 5月23日発売の「週刊現代」に風間賢二の「アンダー・ザ・ドーム」のレビューが!? | トップページ | ほむらはガンスリンガーなのか!? 「魔法少女まどか☆マギカ」をめぐる冒険 »

コメント

キング酒場の話、毎度面白く見てます。
凄く楽しそうな三次会ですね。

「クラフトワーク何聴いたらいい?」「全部」のくだりで吹き出してしまいましたよ。

とりあえずアウトバーンから順繰りに聴いていきましょう。一昨年リマスターもされたましたし。

ドイツのバンドだと個人的にはノイ!(Neu!)が好きです。

投稿: 紗那 | 2011/05/23 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/51749495

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その3:

« 5月23日発売の「週刊現代」に風間賢二の「アンダー・ザ・ドーム」のレビューが!? | トップページ | ほむらはガンスリンガーなのか!? 「魔法少女まどか☆マギカ」をめぐる冒険 »