« ハビエル・バルデム、キング原作の大型プロジェクト「ダーク・タワー」シリーズのローランド役に決定!? | トップページ | 日本推理作家協会の会報に白石朗さんのエッセイが!? »

2011/05/04

映画「モールス」のプロモーションにキングのコメントが!?

「モールス」 スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク「モールス」の国内プロモーションにスティーヴン・キングの絶賛コメントが使用されることになった模様。

「モールス」公式サイト

2011年4月26日のWalker plusの記事を記録のため引用する。

「ぼくのエリ 200歳の少女」ハリウッドリメイク版「モールス」のポスタービジュアルが公開!

「クローバーフィールド HAKAISHA」(08)のマット・リーヴス監督が「ぼくのエリ 200歳の少女」(10)をハリウッドリメイクした「モールス」(8月5日公開)のポスタービジュアルが公開された。

本作は、ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの“2010年のお気に入り映画No.1”にも選ばれ、「この20年で最高」と言わしめた、怖ろしくも切ないイノセントスリラーだ。

各界からは本作を絶賛するコメントが到着しており、「長い間、怖いと思う映画がなかったけど、これは震えた」(リドリー・スコット監督)、「この 20年のアメリカでNo.1のスリラー。とにかく劇場に駆け込め。見終わった後にお礼を言ってもらえればいい」(スティーヴン・キング)と、見る者を恐怖へ巻き込む作品だということが感じられる。

また、ニューヨーク・タイムズが本作に向けた「人の心を乱し、不気味に魅了する作品。クロエ・グレース・モレッツとコディスミット=マクフィーのふ たりの演技が頭から離れない」というコメントのように、昨年7月に公開された「ぼくのエリ 200歳の少女」は日本でも高い評価を受け、エリを演じたリーナ・レアンデションが素晴らしかっただけに、「キック・アス」(10)のヒットガールとはほ ぼ正反対に位置する本作でのクロエ・グレース・モレッツの演技にも注目が集まる。

さて、記事の本分中に既に出てきているが、キングのコメントを再度紹介する。

「この 20年のアメリカでNo.1のスリラー。とにかく劇場に駆け込め。見終わった後にお礼を言ってもらえればいい」(スティーヴン・キング)

とのこと。

因みに、今日のエントリーの冒頭で紹介している「モールス」のポスターの上部にも、キングのコメントが紹介されている。

また、公式サイトでもトップにキングのコメントが表示されている。

ところで、気になるのは、「モールス」のアートワークと「ぼくのエリ 200歳の少女」のアートワークがそっくりなこと。
イメージを踏襲しているのでしょうか。

因みに、「モールス」の原作「モールス」も、そのオリジナルの映画化作品「ぼくのエリ 200歳の少女」もスティーヴン・キングの影響を受けている作品です。

原作と映画との比較をしながら、キングの影響をまとめようと思っていたのですが、すっかり忘れていました。

参考
スティーヴン・キング選定2010年映画ベストテン発表



|

« ハビエル・バルデム、キング原作の大型プロジェクト「ダーク・タワー」シリーズのローランド役に決定!? | トップページ | 日本推理作家協会の会報に白石朗さんのエッセイが!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/51579296

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モールス」のプロモーションにキングのコメントが!?:

« ハビエル・バルデム、キング原作の大型プロジェクト「ダーク・タワー」シリーズのローランド役に決定!? | トップページ | 日本推理作家協会の会報に白石朗さんのエッセイが!? »