« 明日、13日の金曜日は「スティーヴン・キング酒場」の日です。 | トップページ | 「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その1 »

2011/05/14

注目若手女優クロエ・モレッツ 最新作の予告映像、ついに日本解禁!

スティーヴン・キング絶賛の映画「モールス」の国内版予告編が公開された模様。

注目若手女優クロエ・モレッツ 最新作! 最も切なくて最も怖ろしい予告映像、ついに日本解禁!!

記録のため全文を引用する。

ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングが「2010年のNO.1映画であり、この20年でNO.1のスリラー!」と大絶賛した映画「モールス」の、“最も切なくて最も怖ろしい予告映像”がついに解禁となった。

世界中の映画ファンを虜にした「クローバーフィールド/HAKAISHA」(08)のマット・リーヴス監督が、「キック・アス」(10)で一躍注目度 No.1の新人女優となったクロエ・モレッツ(14)を主演に迎え、全世界で60もの賞を受賞したスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(08)をハリウッド版として映画化した「モールス」

物語は、身の毛もよだつ残酷な連続猟奇殺人と、幼い二人のピュアな初恋の行方を描きながら衝撃のラストへと疾走していくが、映画のタイトルでもある二人の秘密の合図“モールス信号”に焦点を当てた“最も切なくて最も怖ろしい予告映像”がついに日本に上陸した。

ハリウッドならではの迫力と映像マジックで、恐怖とスリルを倍増させた映画「モールス」は、8月5日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。

「モールス」公式サイト

因みに、ヨン・アイヴィデ リンドクヴィストの原作「モールス」も、オリジナル版の「ぼくのエリ 200歳の少女」も傑作です。

おそらくハリウッド・リメイク版の「モールス」も傑作の予感がします。
是非、観てみて下さい。

余談ですが、原作「モールス」も、オリジナルの「ぼくのエリ 200歳の少女」もスティーヴン・キングへの言及があります。
なお、原作の方が言及が多かった、と記憶しています。

こちらも興味深いと思いますよ。



|

« 明日、13日の金曜日は「スティーヴン・キング酒場」の日です。 | トップページ | 「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その1 »

コメント

映画は未見ですが、原作は大変面白かったです。ヒットガールでリメイクですかぁ。楽しみです。

投稿: go_mad | 2011/05/16 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/51675069

この記事へのトラックバック一覧です: 注目若手女優クロエ・モレッツ 最新作の予告映像、ついに日本解禁!:

« 明日、13日の金曜日は「スティーヴン・キング酒場」の日です。 | トップページ | 「スティーヴン・キング酒場」こぼれ話 その1 »