« 「悪魔のいけにえ」レザーフェイスはナイスガイ!? | トップページ | 荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る »

2011/06/20

父の日記念「映画史に残る最悪な父親10人」

2011年6月20日に映画.comが伝えるところによると、米映画評論家マット・ゾーラー・サイツが、「映画史に残る最悪な父親10人」を米文芸サイトSalon.comに発表した模様。

まあ、大体想像はつくと思うのだが、「シャイニング」のジャック・トランスもこの「映画史に残る最悪な父親10人」に選出されている。

父の日記念「映画史に残る最悪な父親10人」

記録のため全文を引用する。

[映画.com ニュース] 6月19日の父の日にちなんで、米映画評論家マット・ゾーラー・サイツが、「映画史に残る最悪な父親10人」を米文芸サイトSalon.comに発表した。

第1位に選ばれたのは、テイラー・ハックフォード監督の「ディアボロス 悪魔の扉」でアル・パチーノが演じた法曹界の大物ジョン・ミルトン。ネタバレになるため、最悪な父親である理由を挙げるのは控えるが、ダース・ベイダーやジャック・トランスら強者を抑えての首位となった。

最悪な父親10人は以下の通り。

1.ジョン・ミルトン(アル・パチーノ)/「ディアボロス 悪魔の扉」(97)

2.ダース・ベイダー/「スター・ウォーズ」シリーズ

3.ノア・クロス(ジョン・ヒューストン)/「チャイナタウン」(74)

4.グランパ(ジョン・ドゥーガン)/「悪魔のいけにえ」(74)

5.ハリー・パウエル(ロバート・ミッチャム)/「狩人の夜」(55)

6.ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)/「シャイニング」(80)

7.ブラッド・ホワイトウッド・Sr.(クリストファー・ウォーケン)/「ロンリー・ブラッド」(86)

8.ビル・メイプルウッド(ディラン・ベイカー)/「ハピネス」(98)

9.エド・ウィルソン(ロドニー・デンジャーフィールド)/「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(94)

10.ドワイト・ハンセン(ロバート・デ・ニーロ)/「ボーイズ・ライフ」(93)

まあ、余談ですが、キングの「シャイニング」に登場するジャック・トランスはそんなに最悪ではないんですけどね。

因みに、この記事のニュースソースはここです。

The 10 worst dads in movie history

折角なので、「シャイニング」のジヤック・トランスが何故選出されているか、マット・ゾーラー・サイツのコメントを引用する。

I almost thought about leaving Jack Torrance off this list because, like Bill Maplewood in "Happiness," he's not so much evil as weak; he's a recovering alcoholic driven mad by isolation at the Overlook Hotel, where he's serving as winter caretaker while trying to write a book and make amends to his wife, Wendy, and their young son, Danny, whom Jack abused. Plus, the whole place is haunted by spirits. There are intimations that Jack is possessed by evil, or that whatever latent evil he has inside of him is being drawn out by circumstances. But let's face it: Judged purely on his actions, Jack Torrance is, like Bill Maplewood, a horrible dad pretty much any way you, um, slice it. There is no aspect of Jack's behavior that one could hold up as an example of the right way to be a father, a husband or a human being. At the start of the story, he's an emotional basket case, and by the end, he's a homicidal loon.

"I'm very confused, and I just need time to think things over!" his wife, Wendy, exclaims tearfully, wielding a bat as a completely insane Jack advances on her. "You've had your whole fucking life to think things over," he snarls, "what good's a few minutes more gonna do you now?" "Please! Don't hurt me!" "Wendy? Darling? Light of my life. I'm not gonna hurt ya. You didn't let me finish my sentence ... I said, I'm not gonna hurt ya. I'm just going to bash your brains in. Gonna bash 'em right the fuck in!"

やっぱり、ジヤック・トランスをこの「映画史に残る最悪な父親10人」のリストに入れるべきかどうか、悩んだみたいですね。

余談だけど、このマット・ゾーラー・サイツって言う人は、結構面白い記事を書いてますね。

The 10 most macho movie moments

Trash-talking nine classic movies

The best fake Spielberg movies

ご参考まで。


|

« 「悪魔のいけにえ」レザーフェイスはナイスガイ!? | トップページ | 荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/51997970

この記事へのトラックバック一覧です: 父の日記念「映画史に残る最悪な父親10人」:

« 「悪魔のいけにえ」レザーフェイスはナイスガイ!? | トップページ | 荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る »