« 荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る | トップページ | 「アイ・アム・ナンバー4」のキングの影響を!? »

2011/06/24

「FULL DARK, NO STARS」がブラム・ストーカー賞を!

2011年6月21日にLocus Onlineが伝えるところによると、スティーヴン・キングの「FULL DARK, NO STARS」が、2010年のブラム・ストーカー賞(The Bram Stoker Awards)最優秀短編集賞(Superior Achievement in a Collection)を受賞した模様。

「ブラム・ストーカー賞」(Bram Stoker Award)は、アメリカ合衆国のホラー作家協会(HWA、Horror Writers Association)が毎年主催する、その年に出版された最も優れたホラー小説、ダーク・ファンタジーなどに贈られる賞。

1988年に上述のHWAが設立され、その活動の一つとして創設された。名称はホラー小説の古典「吸血鬼ドラキュラ」の作者であるブラム・ストーカーにちなむ。

(Wikipediaより引用)

2010 Stoker Winners

最優秀長編賞
「A Dark Matter」ピーター・ストラウブ 著

最優秀処女長編賞
「Black and Orange」Benjamin Kane Ethridge 著
「Castle of Los Angeles」Lisa Morton 著


長編フィクション賞
「Invisible Fences」Norman Prentiss 著


短編フィクション賞
「The Folding Man」Joe R. Lansdale 著

アンソロジー部門賞
「Haunted Legends」Ellen Datlow & Nick Mamatas 編

最優秀短編集賞
「Full Dark, No Stars」スティーヴン・キング 著


ノンフィクション部門賞
「To Each Their Darkness」Gary A. Braunbeck 著


最優秀詩集賞
「Dark Matters」Bruce Boston 著

2010年のブラム・ストーカー賞は、2011年6月16日〜19日にニューヨーク州ロングアイランドで行われた「STOKER WEEKEND」で発表された。

なお、ジョー・ヒルの「HORNS」は最優秀長編賞にノミネートされていたが、残念ながら受賞にはいたらなかった。

因みに、スティーヴン・キングのブラム・ストーカー賞の受賞歴は次の通り。

「ミザリー」1988年 最優秀長編賞
「ゴーサム・カフェで昼食を」1996年 最優秀中編賞
「グリーン・マイル」1997年 最優秀長編賞
「骨の袋」1999年 最優秀長編賞
「リーシーの物語」2007年 最優秀長編賞
「悪霊の島」2009年 最優秀長編集
「夕暮れをすぎて」「夜がはじまるとき」2009年 最優秀短編集賞

ついでと言っては何だが、ジョー・ヒルの受賞歴は次の通り。

「年間ホラー傑作選」2006年 長編フィクション賞
「20世紀の幽霊たち」2006年 最優秀短編集賞
「ハートシェイプト・ボックス」2008年 最優秀処女長編賞

キングはともかく、ジョー・ヒルは大変なもんですよね。

|

« 荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る | トップページ | 「アイ・アム・ナンバー4」のキングの影響を!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/52030641

この記事へのトラックバック一覧です: 「FULL DARK, NO STARS」がブラム・ストーカー賞を!:

« 荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る | トップページ | 「アイ・アム・ナンバー4」のキングの影響を!? »