« キングが「蠅の王」のまえがきを!? | トップページ | テレビシリーズ「骨の袋」にメリッサ・ジョージも出演か!? »

2011/07/28

科学者が実証「最も確実に人を泣かせる映画」第1位は?

2011年7月28日に映画.comが伝えるところによると、米カリフォルニア大が木バークレー校心理学科のロバート・レベンソン教授らの研究によると、スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督作品「シャイニング」は、最も"恐怖"を呼び起こした作品に選ばれた模様。

科学者が実証「最も確実に人を泣かせる映画」第1位は?

非常に興味深い記事なので、記録のため全文を引用する。

 [映画.com ニュース] 人を確実に泣かせたいときは、1979年の映画「チャンプ」(フランコ・ゼフィレッリ監督)のラストシーンを見せればいい。そんな研究結果が明らかになった。

 米Smithsonian.comによれば、米カリフォルニア大学バークレー校心理学科のロバート・レベンソン教授らは、1988年ごろから心理学研究所で の実験の際、人に「悲しみ」「喜び」「怒り」などの感情を喚起させるのに有効な映画のシーンに関する研究を始めた。同僚の研究者、映画評論家やマニア、ビデオ店スタッフの意見を参考に、数年間で250本以上の映画を精査。そこから選りすぐった78作品を使って、約500人を対象に実験を行った。

 その結果、最も純粋に“悲しみ”を喚起し、確実に人から涙を誘ったのが、落ちぶれた元世界チャンピオンのボクサー(ジョン・ボイト)と幼い息子(リッキー・シュローダー)のきずなを描いた「チャンプ」のラストシーンだったという。当時8歳だった子役シュローダーは、同作の演技でゴールデングローブ賞新人賞を受賞。なお、次点には「バンビ」(42)のバンビが母親を失うシーンがランクインした。
ちなみに、最も“楽しさ”を喚起したのは、「恋人たちの予感」のメグ・ライアンの“フェイク・オーガズム”シーン。その他“怒り”を感じさせたのは「マイ・ボディガード」「遠い夜明け」、“恐怖”を呼び起こしたのは「シャイニング」「羊たちの沈黙」、“不快感”は「ピンク・フラミンゴ」、“驚き”は「カプリコン・1」「シー・オブ・ラブ」だった。

ニュースソースはここ。

The Saddest Movie in the World

ソース記事は非常に長く、22ページものpdfファイルが付いている意欲的な記事です。でもこれ1995年の論文をソースにしているみたいなんですよね。

日本でも、大学の研究により、世界一怖いホラー映画は「シャイニング」である、とか言うテレビ番組を見た事がありますが、この論文がソースなのかも知れませんね。

ところで、記事で紹介されている映画は、"悲しみ"、"楽しさ"、"怒り"、"不快感"、"恐怖"、"驚き"をそれぞれ表している作品で、わかる、わかるよ、と言う印象を受ける作品ばかりです。

しかも紹介されている作品はどれも傑作揃いなので、関心がある方は是非劇場(DVDレンタルショップ)へ。

|

« キングが「蠅の王」のまえがきを!? | トップページ | テレビシリーズ「骨の袋」にメリッサ・ジョージも出演か!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/52333468

この記事へのトラックバック一覧です: 科学者が実証「最も確実に人を泣かせる映画」第1位は?:

« キングが「蠅の王」のまえがきを!? | トップページ | テレビシリーズ「骨の袋」にメリッサ・ジョージも出演か!? »