« 【日本のテレビ放送に尽力、アナロ熊さん死去 58歳】 | トップページ | スティーヴン・キングの「骨の袋」がピアース・ブロスナン主演でドラマ化! »

2011/07/25

ジョー・ヒルの最新長編は「NOS4A2」!?

2011年7月22日 CNN.comのサイトでジョー・ヒルのインタビュー記事が掲載された。
その中でジョー・ヒルは、自らの作品、自らのキャリア、自らのペンネームやキングの息子として、そして新作長編小説について語っている。

A conversation with writer Joe Hill

印象的な部分を引用する。
(意訳はtkr。直訳ではありません。)

CNN: Did you feel pressure to write horror and fantasy?

Hill: The elephant in the room is that my dad is Stephen King.

I'm very close to my dad, my best friend. I talk to him every day, and he is a huge source of inspiration for me. I knew by the time I was in college I wanted to be a professional writer as well, but I also started to think that the last name was actually more of a disadvantage than an advantage.

I started to think that if I wrote as Joseph King, there would be a danger that a publisher might take a book that wasn't very good and publish it cause they saw a chance to make a quick buck on the last name. And readers are smart, and you know they might buy your first book because you got a famous daddy. But if the book's no good, they won't buy your second one.

I was selfish, and I wanted to have a long career. So I decided in college that I would drop the last name and write as Joe Hill, with my hope being that I would have a chance to make my mistakes in private, where they belong, and work my craft and hopefully be able to sell a book without anyone knowing who my dad was. It took 10 years, but I was successful in that.

CNN:ホラー小説やファンタジー小説を執筆する際、プレッシャーはありますか?

ヒル:やっかいなのは、わたしの父親がスティーヴン・キングだと言う事。

作家になろうとしていた大学時代、キングと言う名前はメリットよりデメリットの方が多い事にわたしは気付いた。

仮にキングの名前でわたしが小説を執筆した場合、出版社は出来の悪い小説でもキングの息子の名前を利用してあぶく銭を稼いだかも知れない。
しかし、読者は賢いので、キングの息子の小説として1冊目は買うかも知れないが、2冊目は買わないだろう。

わたしは作家としての長いキャリアを望んでいたので、大学時代にジョー・ヒルの名前で小説を執筆する事に決めた。しかしそれには10年の歳月が必要だった。

CNN: How did the pen name get found out?

Hill: Part of the way the pen name came out is the Internet. I started to do appearances to sell ("20th Century Ghosts" at conventions). As soon as I started to do public appearances, people started to say, "doesn't he kinda look like, you know?" and the hard-core Stephen King fans remembered that "The Shining" was dedicated to Joe Hill King.

So people started to blog about it and write on message boards about it, and I would contact people directly, and I would say, "You're right. That's who my dad is, but could you take that off your blog?" People were delighted to. They loved being in on the secret. They were trying to help me, but once it started to creep out on the Internet, I knew my time was numbered.

CNN:キングの息子だと発覚した経緯は?

ヒル:インターネットです。わたしは「20世紀の幽霊たち」のプロモーションを行うためにコンベンション等の公共の場所に登場するようになり、スティーヴン・キングのコアなファンは「シャイニング」がジョー・ヒル・キングに捧げられている事を思い出しました。

そして、彼らはブログや掲示板にその事を書き込み始めました。直接話をした人たちには真実を伝えました。最初はその秘密は守られていたのですが、そのうちにそれがインターネット上でもれ始めたのです。

CNN: What's next?

Hill: I'm working on the third draft of a new novel. The novel is called "Nosferatu," but it's actually spelled "NOS4A2," and it's a vanity license plate. It's got a lot of stuff about American highways in it, and it's a horror novel. It's a scary road story. And I've got about 10 issues left in "Locke & Key." I've actually got about 200 pages on the book that will be after "NOS4A2" as well.

CNN:今後の活動は?

ヒル:現在「ノスフェラトゥ("Nosferatu")」(正確には「NOS4A2」)と言う新作長編の第3稿に取り組んでいます。この表記は自動車のナンバープレートで、物語はアメリカの高速道路を舞台にしたホラー小説です。更にコミック・ブック「Locke & Key」も10冊分程度残っているし、「NOS4A2」の次の小説も200ページくらい執筆しています。

いかがでしょう。
ジョー・ヒルの次の小説は「NOS4A2」と言う事ですね。

また、紹介しなかった部分では、ジョー・ヒルは、11歳か12歳くらいから小説をタイプライターで執筆していたようです。

また、ジョー・ヒルがキングの名前で小説を発表する可能性は低そうですね。

ところで、ジョー・ヒルの前作である、突然角が生えてしまった男の物語「HORNS」の翻訳はどうなっているのかな。

|

« 【日本のテレビ放送に尽力、アナロ熊さん死去 58歳】 | トップページ | スティーヴン・キングの「骨の袋」がピアース・ブロスナン主演でドラマ化! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/52298692

この記事へのトラックバック一覧です: ジョー・ヒルの最新長編は「NOS4A2」!?:

« 【日本のテレビ放送に尽力、アナロ熊さん死去 58歳】 | トップページ | スティーヴン・キングの「骨の袋」がピアース・ブロスナン主演でドラマ化! »