« 「骨の袋」のセーラ・ティドウェルはアニカ・ノニ・ローズか!? | トップページ | 「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」DVDリリース決定 »

2011/08/13

ジョナサン・デミが「11/22/63」を映画化!?

2011年8月12日にハリウッドチャンネルが伝えるところによると、「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミがキングの「11/22/63」の映画化企画を立ち上げた模様。

「羊たちの沈黙」ジョナサン・デミ監督が、スティーヴン・キングの新作SF「11/22/63」を映画化!

記録のため、全文を引用する。

[映画]米ホラー作家スティーヴン・キングの新作長編小説「11/22/63」の映画化企画が、小説の発売を前に早くも動き出した。メガホンを取るのは「羊たちの沈黙」(91)のジョナサン・デミ監督で、脚本と製作も兼ねる。製作総指揮にはキング自身が名を連ねるという。

1,000ページに及ぶ長編小説「11/22/63」は、ジョン・F・ケネディ米元大統領暗殺を軸にしたタイムトラベル小説。主人公は35歳の高校の英語教師で、現代に生きる彼がケネディ暗殺を阻止するべく時代を遡るというストーリー。タイトルの「11/22/63」は大統領が暗殺された1963年11月22日のこと。

映画化のニュースは業界誌ヴァラエティが伝えたもので、現時点で出資元や配給元は未定。プロデューサーはデミ監督の前作「レイチェルの結婚」(08)も手がけたイロナ・ハーツバーグで、デミ監督は2012年秋にも撮影開始する意向だという。

小説は本国アメリカでは今年11月8日に発売となる。

なお、ハリウッドチャンネルのニュースソースは米ヴァラエティ( Demme to shoot Stephen King's JFK novel )と言うことだが、米EW.comInside Moviesでも同様の記事を発信している。

Jonathan Demme to adapt Stephen King's time-travel saga '11/22/63'

こちらも全文を引用する。

The Oscar-winning director of The Silence of the Lambs has picked up the film rights to Stephen King’s as-yet-unpublished novel about a rip in time that leads a small-town teacher back to JFK’s assassination.

11/22/63 is due on shelves Nov. 8, but Jonathan Demme has gotten the jump on the title, a kind of odyssey story in which Jack Epping, a school teacher from Maine, ends up going back to 1958, falling in love with a librarian, and encountering assorted historical figures from Elvis Presley to Lee Harvey Oswald as he ventures closer to the political murder that changed history. (Smart money says he’ll change things around even more.)

Demme will write, direct and produce the film through his Clinica Estetico production company. Ilona Herzberg, who tackled a different kind of JFK story in the Cuban Missile Crisis drama Thirteen Days, is also producing, and King himself will executive produce.

Demme has focused his efforts mostly on documentaries in recent years, making The Man From Plains about former president Jimmy Carter, a pair of concert films about Neil Young, and a PBS report about the Hurricane Katrina-savaged Lower 9th Ward. His last drama was 2008′s Rachel Getting Married, and before that, 2004′s remake of The Manchurian Candidate.

King has been on a hot streak in Hollywood lately. Though Ron Howard’s sweeping film/TV series adaptation of The Dark Tower was scuttled by Universal due to high cost and high risk, yesterday brought word that the Harry Potter team of screenwriter Steve Kloves and director David Yates would be tackling his apocalyptic novel The Stand.

ここで興味深いのは、ジョナサン・デミの盟友とも言える製作のイロナ・ハーツバーグだが、彼はケネディ大統領とキューバ危機を描いた「13デイズ」の製作にも名を連ねていること。

もしかして、ケネディ大統領を描くことは、イロナ・ハーツバーグのライフワークなのかな。

だとしたら、これは期待出来るかも。

「11/22/63」の映画化についてわかっているのは現在のところ次の通り。

監督・脚本:ジョナサン・デミ
製作総指揮・原作:スティーヴン・キング
製作:イロナ・ハーツバーグ
製作会社:Clinica Estetico production company

撮影は2012年秋スタート。

ところで、EW.comの記事とヴァラエティの記事は「11/22/63」のプロットに触れているのだが、非常に興味深いのは、タイムスリップするメイン州の高校の英語教師ジェイク・エピング(EW.comではジャック・エピングと表記)は、1958年の図書館の司書と恋に落ちるようなのだ。

と言うことは、リー・ハーヴェイ・オズワルドがどんな本を図書館で借りていたのかを調べたのはその彼女なのだろうし、当然ながらオズワルドと接点があるだろうし、もしかしたら、その図書館は例の教科書倉庫ビルに入っているのかも知れないぞ、と言うわたしの妄想がむくむくと鎌首をもたげてくる。

乞うご期待なのだ。

|

« 「骨の袋」のセーラ・ティドウェルはアニカ・ノニ・ローズか!? | トップページ | 「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」DVDリリース決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/52467288

この記事へのトラックバック一覧です: ジョナサン・デミが「11/22/63」を映画化!?:

« 「骨の袋」のセーラ・ティドウェルはアニカ・ノニ・ローズか!? | トップページ | 「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」DVDリリース決定 »