« アレクサンドル・アジャ、S・キング父子の小説を相次いで映画化へ | トップページ | 「ザ・シンプソンズ」に登場した著名な作家たち »

2011/12/14

「Horns」翻訳決定!?

白石朗さんのジョー・ヒルの「Horns」に関するツイート
2011年12月13日の白石朗さんのツイートによると、ジョー・ヒルの長編第2作目「Horns」の翻訳が進んでいる模様。

これが世に言う「朗報」である。
文字通りね。

白石朗(@R_SRIS)さん曰く

厚い本が続いたあおりで遅れ気味でしたが、小学館文庫より来年4月刊の“予定”で作業が進行中です。 RT @tkr2000 @coco_n //「Horns」の翻訳はどうなっているのかな// RT @yama_gat //ジョー・ヒルの長編第2作って邦訳どうなってんのかな…?

ジョー・ヒルの「Horns」の翻訳について、公になっている情報は次の通り。

「Horns(原題)」
著者:ジョー・ヒル
訳者:白石朗
出版社:小学館(小学館文庫)
出版時期:2012年4月(予定)

あらすじ:ニューハンプシャー州の小さな街に住む26歳の若者イグ(Ig)は、泥酔した翌朝目を覚ますと、自分の頭に二本の角が生えているのを発見する。イグは慌てて病院に駆け込むものの、医師はイグの話をろくに聞こうともせず、妄想をつぶやき始める。

どうやらイグの角に近づいた者は、自らの欲望を告白せずにはいられなくなってしまうようなのだ。

そんなイグはかつて、恋人がレイプされ殺害された上に、その容疑者として拘束された経験を持っている。

恋人を殺害した真犯人を探すべく、悪魔の力を手に入れたイグの冒険がはじまる。

|

« アレクサンドル・アジャ、S・キング父子の小説を相次いで映画化へ | トップページ | 「ザ・シンプソンズ」に登場した著名な作家たち »

コメント

そういえば、「このミス」の隠し玉のページで、「Horns」について触れられてましたね。

投稿: 弐號 | 2011/12/15 23:30

あぁ、そうでしたか、小学館は見ていませんでした。

確認してみます。
どうもありがとうございました。

投稿: tkr | 2011/12/16 00:01

「ホーンズ」掲載されていました。
仮題は「ホーンズ」のようですね。

投稿: tkr | 2011/12/18 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/53484504

この記事へのトラックバック一覧です: 「Horns」翻訳決定!?:

« アレクサンドル・アジャ、S・キング父子の小説を相次いで映画化へ | トップページ | 「ザ・シンプソンズ」に登場した著名な作家たち »