« キングが選ぶ2011年トップ20 | トップページ | 「Horns」翻訳決定!? »

2011/12/12

アレクサンドル・アジャ、S・キング父子の小説を相次いで映画化へ

2011年12月12日に映画.comが伝えるところによると、アレクサンドル・アジャがジョー・ヒルの長編2作目の「Horns」の映画化を手がける事になった模様。

アレクサンドル・アジャ、S・キング父子の小説を相次いで映画化へ

記録のため、全文を引用する。

 [映画.com ニュース] 「ピラニア3D」「ミラーズ」のアレクサンドル・アジャ監督が、スティーブン・キングの長男で小説家のジョー・ヒルの長編小説「Horns」の映画化企画でメガホンをとることになった。

 2010年に発表された「Horns」は、主人公の26歳の男がある日、ひどい二日酔いとともに目覚めると、額に2本の角が生えていたという設定のダークファンタジー小説。やがて男は、その角が、恋人が殺害された事件に関係していると考えるようになる。

 映画版はマンダレイ・ピクチャーズの製作で、テレビシリーズ「In Treatment」のキース・ブーニンが脚色にあたる。また、原作者ヒルも製作総指揮で参加する。

 ちなみにアジャ監督は、キング原作の映画「ペット・セメタリー」リメイク版の監督候補にも挙がっており、父子両方の小説の映画化に携わることになりそうだ。

因みにこの「Horns」の映画化については、allcinemaが12月9日に伝えている。

アレクサンドル・アジャ監督、ジョー・ヒルの最新ホラーを映画化へ

 巨匠スティーヴン・キングを父に持つジョー・ヒルの長編2作目となるホラー小説「Horns」が、「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャ監督によって映画化されることが明らかとなった模様。当初は主演にシャイア・ラブーフの名前が挙がっていたが、現在も引き続き関わっているかは不明。来年の春から夏の完成を目指す。

allcinemaの記事の方は、アレクサンドル・アジャの作品として、「ヒルズ・ハブ・アイズ」を挙げているのね。

しかも主演はシャイア・ラブーフ!?

まだ噂レベルの話だと思いますが、期待しつつ注目して行きたいところです。
ところで「Horns」の翻訳はどうなっているのかな。


余談だけど、アレクサンドル・アジャの企画として、寺沢武一の「コブラ」の実写企画も噂されている。

噂と言っても、企画としては、随分進んでいるみたいですが。

「コブラ」実写イメージ「Variety」より

「Variety」の表紙を飾った、アレクサンドル・アジャの実写版「コブラ("COBRA THE SPACE PIRATE")」のキービジュアル。「2013年夏」の文字が確認できる。

アレクサンドル・アジャ、寺沢武一、グレゴリー・ルヴァスール

写真は左からアレクサンドル・アジャ、寺沢武一、グレゴリー・ルヴァスール。
なお、この写真は寺沢武一のオフィシャル・ブログで公開されもの。

|

« キングが選ぶ2011年トップ20 | トップページ | 「Horns」翻訳決定!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/53470133

この記事へのトラックバック一覧です: アレクサンドル・アジャ、S・キング父子の小説を相次いで映画化へ:

« キングが選ぶ2011年トップ20 | トップページ | 「Horns」翻訳決定!? »