« ジョナサン・デミの「11/22/63」映画化ブロジェクトはトップギアに! | トップページ | 「West of Memphis」の予告編公開! »

2012/01/25

「The Wind Through the Keyhole」のキングの序文が公開だって!

Simon & Schusterのサイトで、スティーヴン・キングの「ダーク・タワー」シリーズの新作長篇「The Wind Through the Keyhole」の序文と冒頭部分が一部公開された。

Books > The Wind Through the Keyhole > Excerpts

キングの序文を引用する。

FOREWORD

Most of the people holding this book have followed the adventures of Roland and his band—his ka-tet—for years, some of them from the very beginning. Others—and I hope there are many, newcomers and Constant Readers alike—may ask, Can I read and enjoy this story if I haven’t read the other Dark Tower books? My answer is yes, if you keep a few things in mind.

First, Mid-World lies next to our world, and there are many overlaps. In some places there are doorways between the two worlds, and sometimes there are thin places, porous places, where the two worlds actually mingle. Three of Roland’s ka-tet—Eddie, Susannah, and Jake have been drawn separately from troubled lives in New York into Roland’s Mid-World quest. Their fourth traveling companion, a billy-bumbler named Oy, is a golden-eyed creature native to Mid-World. Mid-World is very old, and falling to ruin, filled with monsters and untrustworthy magic.

Second, Roland Deschain of Gilead is a gunslinger—one of a small band that tries to keep order in an increasingly lawless world. If you think of the gunslingers of Gilead as a strange combination of knights errant and territorial marshals in the Old West, you’ll be close to the mark. Most of them, although not all, are descended from the line of the old White King, known as Arthur Eld (I told you there were overlaps).

Third, Roland has lived his life under a terrible curse. He killed his mother, who was having an affair—mostly against her will, and certainly against her better judgment—with a fellow you will meet in these pages. Although it was by mistake, he holds himself accountable, and the unhappy Gabrielle Deschain’s death has haunted him since his young manhood. These events are fully narrated in the Dark Tower cycle, but for our purposes here, I think it’s all you have to know.

For longtime readers, this book should be shelved between Wizard and Glass and Wolves of the Calla . . . which makes it, I suppose, Dark Tower 4.5.

As for me, I was delighted to discover my old friends had a little more to say. It was a great gift to find them again, years after I thought their stories were told.

—Stephen King

September 14, 2011

序文の内容の概要は次の通り。

初めて「The Wind Through the Keyhole」を読むんだけど、この「The Wind Through the Keyhole」だけを読んでも楽しめるのかな?

次のことがらをあたまの片隅に突っ込んでおけば、その答えは「Yes」だよ。

1.「ダーク・タワー」シリーズの舞台である中間世界は、わたし達の世界の隣にあって、ところどころで重複していて、ところどころで行き来ができる。

主人公のローランドには、カ・テットと呼ばれる仲間がいて、それは、エディ、スザンナ、ジェイクの3人で、その3人はわたし達の世界から中間世界に引きずり込まれました。

そして、4人目の旅の仲間は金色の目を持つ、ビリー・バンブラーと呼ばれる中間世界の生物オイです。

2.主人公のローランド・デスチェインは、ギリアド出身の拳銃使い(ガンスリンガー)で、わたし達の世界の昔の西部のような無法地帯で正義を貫く存在で、白の王アーサー・エルドの血を受け継いでいます。

3.ローランドの運命は恐ろしい呪いに彩られています。彼は自分の母親を不義を働いたものとして殺してしまい、そのことについてずっと悩んでいます。
覚えておくことはこれだけで十分です。

ところで、「ダーク・タワー」シリーズの昔からの読者に対しては、本作「The Wind Through the Keyhole」は、「ダーク・タワーIV 魔道師と水晶球」「ダーク・タワーV カーラの狼」の間にあたり、言うならば「ダーク・タワー4.5」みたいなものだと言えるでしょう。

また、わたしにとって本作「The Wind Through the Keyhole」は、かつての仲間たちが言い残したことを再発見できる喜ばしい機会となりました。
そして、本作でわたしが彼らと再会することは、彼らの物語を全て語り終えたと思っていたわたし自身への素晴らしいプレゼントなりました。

まあ、こんなところでいかがでしょう。
やっつけ仕事ですいません。


|

« ジョナサン・デミの「11/22/63」映画化ブロジェクトはトップギアに! | トップページ | 「West of Memphis」の予告編公開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/53825032

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Wind Through the Keyhole」のキングの序文が公開だって!:

« ジョナサン・デミの「11/22/63」映画化ブロジェクトはトップギアに! | トップページ | 「West of Memphis」の予告編公開! »