« 【未体験ゾーンの映画たち 2012】「ザ・チャイルド 悪魔の起源」上映は惜しくも3月23日まで | トップページ | スティーヴン・キング原作作品の最悪から最高まで »

2012/03/22

広島で開催中の松尾たいこ個展「Taiko Matsuo_Layered」は3月27日まで

今日はスティーヴン・キングの「リーシーの物語」「シャイニング(新装版)」「ミザリー(新装版)」をはじめとして、様々な書籍の装画でおなじみのイラストレーター松尾たいこさんの個展に関するエントリー。

当ブログでは『松尾たいこさんの個展も開催なの!?』『松尾たいこ個展「Taiko Matsuo _ Layered」開幕!』『松尾たいこ作品集「TaikoMatsuo_Layered」一般発売開始!』等のエントリーで何度か紹介させていただいている、2011年4月に銀座で開催された、松尾たいこ個展「Taiko Matsuo _ Layered」についてですが、実は現在、松尾たいこさんの出身地である広島で巡回展が行われています。

詳細は次の通り。

松尾たいこ Taiko Matsuo_Layered
松尾たいこ Taiko Matsuo_Layered
会期:2012年3月1日(木)~2012年3月27日(火)
会場:オリエンタルホテル広島 1Fオリエンタルデザインギャラリー
時間:11:00~20:00(最終日17:00まで)
概要:リズム豊かな配色、不思議な感覚を生むフレーム構成で、見るものの心を奪い続けている松尾たいこ。 彼女初の大型個展が、この春故郷広島で開催決定!

松尾たいこのファンは多い。広告や雑誌、ファッションブランドとのコラボレーションなど幅広い活躍をみても言えることだが、その実力を顕著に証明しているのが本の装画である。『クライマーズ・ハイ』(文春文庫)、『日本の古典を読む』シリーズ全20巻(小学館)など、これまで手がけてきたものは約250点以上。一般のファンのみならず、作家やデザイナー、アーティストから多大な評価を受けているのである。松尾の原画と向き合うことで、「彼女が見ている“ 世界”の色や光をより強く感じることができる」という声も多い。 今回の個展では、これまで手掛けてきた既存の作品のみならず、新作も発表される。空間に出来上がったレイヤーの中で、彼女の新しい表現が広がるであろう。なお展覧会に併せて、PARCO出版より初めての作品集「 Layered」( 装丁:groovisions) が、会場で発売される。 (オリエンタルデザインギャラリーのサイトより引用)

入場無料

会期はおしくも3月27日(火)までです。
近郊の方は是非会場へ。

写真は、個展初日の取材風景。(公式ブログ「私だけの色を探して」より)
背景には、スティーヴン・キングの「リーシーの物語」の装画が確認できますね。(下段左端の2点)

|

« 【未体験ゾーンの映画たち 2012】「ザ・チャイルド 悪魔の起源」上映は惜しくも3月23日まで | トップページ | スティーヴン・キング原作作品の最悪から最高まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/54274120

この記事へのトラックバック一覧です: 広島で開催中の松尾たいこ個展「Taiko Matsuo_Layered」は3月27日まで:

« 【未体験ゾーンの映画たち 2012】「ザ・チャイルド 悪魔の起源」上映は惜しくも3月23日まで | トップページ | スティーヴン・キング原作作品の最悪から最高まで »