« 「FULL DARK, NO STARS」の翻訳は「1922 星もなく深い闇」!? | トップページ | トム・ホランド「十時の人々」について語る »

2012/11/17

「FULL DARK, NO STARS」翻訳妄想篇

折角なので、今日は「FULL DARK, NO STARS」の翻訳に関する妄想を。

「FULL DARK, NO STARS」の翻訳は文春文庫から2分冊で刊行される。

・2分冊タイトルはそれぞれ「1922 -星もなく深い闇-」「幸せな結婚 -星もなく深い闇-」で、それぞれ、2013年1月、2013年2月に刊行される。

「1922 -星もなく深い闇-」には「1922」(横山啓明訳)と「Big Driver」(中川聖訳)が、「幸せな結婚 -星もなく深い闇-」には「Fair Extension」(白石朗訳)と「A Good Marriage」(風間賢二訳)とあとがき(風間賢二訳)が収録される。

「Under the Weather」権利の関係で収録されない。と言うのは、文藝春秋社が取得した翻訳権はハードカバー版「FULL DARK, NO STARS」の翻訳権であるため。

いかがでしょうかね。

「Under the Weather」が権利の関係で翻訳されない、と言うのはなんだかありそうな気がします。

また、わたしの妄想では白石朗氏が「Fair Extension」の翻訳をする、としていますが、もしかしたら、白石朗氏は「FULL DARK, NO STARS」の翻訳に関わっていない可能性も高いのではないか、と思っています。

まあこんなところでしょうか。

繰り返しになりますが、今日のエントリーはあくまでもわたしの妄想ですよ。
間違わないでね。

 

|

« 「FULL DARK, NO STARS」の翻訳は「1922 星もなく深い闇」!? | トップページ | トム・ホランド「十時の人々」について語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/56128620

この記事へのトラックバック一覧です: 「FULL DARK, NO STARS」翻訳妄想篇:

« 「FULL DARK, NO STARS」の翻訳は「1922 星もなく深い闇」!? | トップページ | トム・ホランド「十時の人々」について語る »