« 「おばあちゃん」まで映画化ですか | トップページ | 映画「セル」の主役はジョン・キューザックか!? »

2012/11/04

《原作小説に劣る映画化作品》に「バトルランナー」が!?

2012年11月4日に映画.comが伝えるところによると、《原作小説に劣る映画化作品》にスティーヴン・キング原作の「バトルランナー」が選出された模様。

米誌が選ぶ原作小説に劣る映画化作品26本

[映画.com ニュース] 映画化不可能といわれたデビッド・ミッチェルの小説「クラウド・アトラス(原題)」が、ウォシャウスキー兄弟とトム・ティクバの共同監督によって映画化されたことを記念し、エンターテインメント・ウィークリー誌は小説から映画化された作品のリストを発表した。

テーマは「原作小説に劣る映画化作品」で、ロバート・レッドフォード主演の「華麗なるギャッツビー」から、ダン・ブラウンのベストセラー小説の映画化「ダ・ヴィンチ・コード」まで26作品がリストアップされている。

「華麗なるギャツビー」(1974) 原作:F・スコット・フィッツジェラルド
「砂の惑星」(1984) 原作:フランク・ハーバート
「コットンクラブ」(1984) 原作:ジム・ハスキンス
「バトルランナー」(1987) 原作:リチャード・バックマン(スティーブン・キング)
「虚栄のかがり火」(1990) 原作:トム・ウルフ
「スカーレット・レター」(1995) 原作:ナサニエル・ホーソン
「真夜中のサバナ」(1997) 原作:ジョン・ベレント
「スフィア」(1998) 原作:マイケル・クライトン
「サイモン・バーチ」(1998) 原作:ジョン・アービング
「アンドリューNDR114」(1999) 原作:アイザック・アシモフ
「アイズ・ワイド・シャット」(1999) 原作:アルトゥール・シュニッツラー
「ヤング・ブラッド」(2001) 原作アレクサンドル・デュマ
「私は『うつ依存症』の女」(2001) 原作:エリザベス・ワーツェル
「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(2001) 原作:ピエール・プール
「ルールズ・オブ・アトラクション」(2002) 原作:ブレッド・イーストン・エリス
「ハットしてキャット」(2003)、「グリンチ」(2000) 原作:Dr.スース
「白いカラス」(2003) 原作:フィリップ・ロス
「悪女」(2004) 原作:ウィリアム・メイクピース・サッカレー
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」(2004) 原作:ヘレン・フィールディング
「トロイ」(2004) 原作:ホメロス
「サウンド・オブ・サンダー」(2004) 原作:レイ・ブラッドベリ
「SAYURI」(2005) 原作:アーサー・ゴールデン
「2番目のキス」(2005) 原作:ニック・ホーンビィ
「ダ・ヴィンチ・コード」(2006) 原作:ダン・ブラウン
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(2007) 原作:フィリップ・プルマン
(映画.com速報)

まあ、原作と映画を比較して、原作の方が良いとか悪いとか言うのは、おそらく永遠の課題だと思います。

例えば原作と同じコンセプトで映画を制作したような場合の比較は容易なのですが、異なったコンセプトで映画化した場合の映画の評価は比較的困難だと言わざるを得ません。

キングの「バトルランナー」については異なったコンセプトで映画化された例で、原作と異なった切り口の映画化作品は決してつまらない映画ではないと思いますし、愛すべき作品だと思います。

特に、先日(2012/06/05)のエントリー【訃報】リチャード・ドーソンで紹介したリチャード・ドーソン演じるデイモン・キリアンのキャラクターは映画史に残る素晴しいキャラクターだと思います。

余談ですが「2番目のキス」にはキングがカメオ出演しています。

因みにニュースソースはこちら。

Read the Book! 26 Disappointing Movie Adaptations

また、2008年にも同様の記事が出ていますよ。
その際のエントリーを紹介します。

Read the Book! 23 Disappointing Movie Adaptations

2008年の選出作品は次の通り。
どの作品が消えてどの作品が増えているのかな。

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
「ダ・ヴィンチ・コード」
「2番目のキス」
「SAYURI」
「サウンド・オブ・サンダー」
「トロイ」
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」
「悪女」
「白いカラス」
「ハットしてキャット」
「グリンチ」
「ルールズ・オブ・アトラクション」
「PLANET OF THE APES 猿の惑星」
「私は「うつ依存症」の女」
「ヤング・ブラッド」
「アイズ ワイド シャット」
「アンドリューNDR114」
「サイモン・バーチ」
「スフィア」
「スカーレット・レター」
「虚栄のかがり火」
「バトルランナー」
「コットンクラブ」

|

« 「おばあちゃん」まで映画化ですか | トップページ | 映画「セル」の主役はジョン・キューザックか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/56039820

この記事へのトラックバック一覧です: 《原作小説に劣る映画化作品》に「バトルランナー」が!?:

« 「おばあちゃん」まで映画化ですか | トップページ | 映画「セル」の主役はジョン・キューザックか!? »