« 堺三保「スタンリー・キューブリック展」を行く | トップページ | ジョナサン・デミ「11/22/63」の監督から降板か!? »

2012/12/09

「このミステリーがすごい! 2013年版」にキング作品が!?

「このミステリーがすごい! 2013年版」 年末恒例のお楽しみ、2012年12月8日に宝島社から刊行された「このミステリーがすごい! 2013年版に恒例の「我が社の隠し玉」が掲載されており、文藝春秋社の「我が社の隠し玉」にスティーヴン・キング作品がなんと3作品も掲載されている。

つまり、2013年には少なくとも3冊のキングの新刊を読むことができるのだ。(予定)

「このミステリーがすごい! 2013年版」
出版社:宝島社
定価:500円(税込)

それではスティーヴン・キングに関する文藝春秋社の
「我が社の隠し玉」を引用してみよう。

「我が社の隠し玉」文藝春秋

まずはお馴染みの巨匠たちから行きましょう。スティーヴン・キングとジェフリー・ディーヴァー、長編と短編集の両方で登場。キングは中編集が「1922(仮)」「ビッグ・ドライヴァー(仮)」の二分冊で刊行、必泣のタイムトラベル超大作11/22/68は初秋頃か。(原文ママ)

現在のところまで、各方面で伝えられている通り、中篇集「FULL DARK, NO STARS」の翻訳は文藝春秋社(文春文庫)から二分冊の体裁で刊行される予定。

そのタイトルは、2013年1月刊行の「1922 -星もなく深い闇-」と、2013年3月刊行の「ビッグ・ドライヴァー -星もなく深い闇-」になるのではないかな、と。

以前のエントリー『「FULL DARK, NO STARS」翻訳妄想篇』で、2013年3月刊行のタイトルは
「幸せな結婚 -星もなく深い闇-」予想していたのですが、どうやらそれは誤りで、「ビッグ・ドライヴァー -星もなく深い闇-」になりそうですね。

また、「11/22/63」は、2013年初秋頃の刊行だと言う事のようです。
「このミステリーがすごい! 2013年版には、11/22/68と表記されていますが、これは11/22/63の誤りでしょうね。

とにかく、期待して待ちましょう。

余談ですが、Amazon.co.jpでも「1922」の予約が始まりましたね。

更に余談ですが、「このミス」のネコのキャラクターの名前はニャームズって言うんですね。

|

« 堺三保「スタンリー・キューブリック展」を行く | トップページ | ジョナサン・デミ「11/22/63」の監督から降板か!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/56287695

この記事へのトラックバック一覧です: 「このミステリーがすごい! 2013年版」にキング作品が!?:

« 堺三保「スタンリー・キューブリック展」を行く | トップページ | ジョナサン・デミ「11/22/63」の監督から降板か!? »