« ジョナサン・デミ「11/22/63」の監督から降板か!? | トップページ | 「1922」の見本出来! »

2012/12/16

ソウル・バスの「シャイニング」アートワークのスケッチ

ソウル・バスによる「シャイニング」アートワークのスケッチ 先日のエントリー『堺三保「スタンリー・キューブリック展」を行く』お話しした、ロサンゼルスLACMAで開催されている「スタンリー・キューブリック展」で展示されている「シャイニング」のソウル・バスのスケッチが紹介されている。

Saul Bass Poster Sketches for Stanley Kubrick’s ‘The Shining’

驚くのは、スタンリー・キューブリックとソウル・バスは、「シャイニング」のアートワークが完成するまで、少なくとも300以上のデザインの検討がされたらしいこと。

先日たまたま、池袋のジュンク堂書店池袋本店で、「Saul Bass: A Life in Film and Design」を立ち読みしていたので、感慨もひとしおです。

ソウル・バスからスタンリー・キューブリックへの書簡 先日のエントリーの繰り返しになりますが、LACMAの「スタンリー・キューブリック展」は、スタンリー・キューブリックファンとしては是非行きたい展覧会のひとつですよね。

キューブリックファンならずとも、映画ファン必見の展覧会だと思うのですが、いかんせん会場がロサンゼルスのLACMAですからね。なかなか難しいです。

日本国内でなんとか「スタンリー・キューブリック展」の開催は出来ないものでしょうかね。

「スタンリー・キューブリック展」 LACMA

また、LACMAの「スタンリー・キューブリック展アプリ」も凄いですよ。

Los Angeles County Museum of Art - Kubrick -

これは無料のアプリなのに、貴重な画像や映像、音声が盛沢山なので、関心がある方は是非。

関連エントリー
『堺三保「スタンリー・キューブリック展」を行く』

|

« ジョナサン・デミ「11/22/63」の監督から降板か!? | トップページ | 「1922」の見本出来! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/56329618

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル・バスの「シャイニング」アートワークのスケッチ:

« ジョナサン・デミ「11/22/63」の監督から降板か!? | トップページ | 「1922」の見本出来! »