« 「モンスターズ・ユニバーシティ」もキングの影響を!? | トップページ | コミコン限定「キャリー」25周年記念ブルーレイが!? »

2013/08/11

「スティーヴン・キングは殺せない!?」

「スティーヴン・キングは殺せない!?」 2013年7月27日 東京渋谷ヒューマントラストシネマ渋谷「スティーヴン・キングは殺せない!?」を観た。

「スティーヴン・キングは殺せない!?」
監督:モンロー・マン、ロニー・カリル、ホルヘ・バルデス=イガ
脚本:モンロー・マン、ロニー・カリル、ボブ・マディア
撮影:ホルヘ・バルデス=イガ
音楽:ブルース・キアネイジ
出演:モンロー・マン、ロニー・カリル、クリスタル・アーネット、カイル・ブログナ、ケイト・コステロ、ジャスティン・ブラウン

あらすじ:メイン州の小さな田舎町フライバーグに、一台の車がヒップホップを爆音で轟かせながら現れる。避暑のため訪れた六人の若者が目指す先は、湖畔に建つ静かな別荘。

同じ湖畔には、世界的に有名なホラー作家のスティーヴン・キングの邸宅があるという。だが土地の人にキングのことを聞いても、返ってくる答えは「そんな人は住んでいない。騒ぐなら帰れ」というものだった。

やがて仲間の一人のバラバラ死体が発見され、一行の前に正体不明の殺人鬼が登場。若者たちは殺し の手口がキングの小説そっくりであることに気づくのだが…。

本作「スティーヴン・キングは殺せない!?」は基本的に間違ったところに行った若者が、命に関わる酷い目に遭う、と言うプロットを持つ作品である。

そして、その若者の中に、スティーヴン・キングマニアが含まれており、そのキングマニアは、スティーヴン・キングが住んでいると言う邸宅を見に行きたい、キングに会いたい、と言う目的を持っている訳。

因みに本作のテイストは、皆さんのご想像通り自主制作映画のそれだが、作品としてのクオリティは決して低い訳ではなく、物語はともかく、一般の観客が楽しめる演出やクオリティを持った作品だと言える。

残念ながら物語は前述のように比較的安易でお約束の展開が続く。
そのバランス感覚は残念な印象が強く、ホラーやコメディ、パロディについて物足りない印象を受ける。

もう少しは頑張れたはずだ、と思う。

しかし、作品としては面白くない作品ではなく、その辺のつまらない作品よりは全然面白い作品に仕上がっている。

とは言うものの、やはり作品としては、ビデオストレート(DVDストレート)レベルだと言わざるを得ない。

そして、好意的に言うと物語は複数の解釈を許す寛容さを持っており、ある種の含みのある物語が楽しめるし、私的な解釈も楽しい。

また、前述のように個人的には足りないと思うのだが、本作はキング作品のパロディにも満ちており、キングファンには楽しめる構造を持っている。

何故か、本作で言及されている作品は、長編より短編の方が多いような印象を受ける。

何か権利的な大人の事情があるのだろうか。

まぁ、キングファンとしては本作「スティーヴン・キングは殺せない!?」の作品としての評価がどうこうよりは、劇場で公開されたことを喜びたい。

|

« 「モンスターズ・ユニバーシティ」もキングの影響を!? | トップページ | コミコン限定「キャリー」25周年記念ブルーレイが!? »

コメント

One of the stars is actually named Kayle Blogna, not "Kyle Buroguna"

投稿: Kayle | 2013/08/19 21:03

Thank you for your comment.

I think you have translated by the translation site.

Error of the name of my article is a mistake of translation site.

Because I can not specify a preferred spelling of the English name in Japanese language.

Thank you.

投稿: tkr | 2013/08/20 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/57973030

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティーヴン・キングは殺せない!?」:

« 「モンスターズ・ユニバーシティ」もキングの影響を!? | トップページ | コミコン限定「キャリー」25周年記念ブルーレイが!? »