« Happy birthday Stephen King! | トップページ | 「アンダー・ザ・ドーム」第1話 »

2013/09/23

ペニーワイズがイギリスに出没か!?

2013年9月中旬以降イギリスのノーサンプトンで目撃されているピエロ。
2013年9月中旬以降イギリスのノーサンプトンで目撃されているピエロ。

2013年9月20日にハピズムが伝えるところによると、イギリスのノーサンプトンにどう考えても「IT」のペニーワイズみたいなピエロが出没している模様。

“IT”が佇む街角… 恐怖の道化師! 無言で佇むピエロの出没に住民がパニック=イギリス

9月半ばごろから、英国ロンドンから100km北のノーサンプトンで、町に謎のピエロが出没しているとして騒動となっている。

初めて目撃されたのは、今月13日の金曜日。目撃者が撮影した写真には、顔は白塗り、赤いウィッグをつけ、バルーンを持って撮影者を威嚇するような表情をした不気味なピエロがはっきりと映っている。

この「ノーサンプトン・ピエロ」の騒動はtwitterを中心に広まり、現在は警察から注意勧告も発令されている。

調査した警察によると、今のところ、ピエロの正体は2人の高校生の可能性があり、住民によると、2人は日ごろから奇妙な格好をしているところを目撃されていたという。「このピエロはジャグリングをするわけでも、風船をひねって芸をしているわけでもなく、ただじっと人を見つめているだけなんです」警察はそう語っている。

またほかに報告されたケースとしては、女性の家で窓修理屋を名乗る者がドアを叩いたため、女性が窓の外を見ると、ピエロが窓の外からじっと見つめていた、といった事例が報告されている。

町の住民の中には、単なる悪ふざけとして捉えている者もいるが、一部の人々は不安と恐怖から、自警団を組織して捕まえることも計画しているという。

本来、ピエロは人々を楽しませるのが仕事である。しかしその独特の化粧や所作は、人々に本能的に恐怖を与えるともいわれ、今日では「道化恐怖症」という言葉も存在する。

かつて英国のシェフィールド大学で行われた実験によると、特に子どもは普遍的にピエロを恐怖するといった調査結果もある。これは、ある病院の内装工事で色を決定するうえでの調査から明らかになったもので、子ども達はピエロの化粧に好んで使われる色彩を嫌う傾向があるという。

また、米国では1970年代、普段はピエロに扮して子ども達を楽しませ、その裏側で少年33人を強姦殺人した「殺人ピエロ」ことジョン・ゲイシーがいる。

ゲイシーは、逮捕後も不気味なピエロの絵を描き続け、その報道は世間にピエロに対する強烈な恐怖のイメージを作った。またこの事件を元にして作られたスティーブン・キング原作の『IT』 は世界的にヒットし、その結果としてピエロを怖がる人々が世界中で増加した、といった説もある。

このピエロ、風船を沢山持っているところから、どう考えても「IT」のペニーワイズの影響を受けている、と思われる。

目撃ツイート 1

目撃ツイート 2

|

« Happy birthday Stephen King! | トップページ | 「アンダー・ザ・ドーム」第1話 »

コメント

55jp.net

投稿: 55jp.net | 2013/09/24 01:29

You know I love your blog!!!

投稿: camisetas estampadas baratas | 2013/10/16 07:13

今から十数年前、NHKで深夜、『イット』が放送されていたので観たのですが、その後ロナルド・マクドナルドが怖くなってしまい、マクドナルドへ行けなくなってしまった時期がありました。(笑)

俳優ティム・カリーの演じるペニーワイズはあまりにもインパクトの強いものでした。

投稿: MKウルトラ | 2014/12/11 13:07

「IT」に関係なく「道化恐怖症」と言う恐怖症もありますしね。

投稿: tkr | 2014/12/13 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/58253232

この記事へのトラックバック一覧です: ペニーワイズがイギリスに出没か!?:

« Happy birthday Stephen King! | トップページ | 「アンダー・ザ・ドーム」第1話 »