« 前田建設ファンタジー営業部vs.ドーム | トップページ | 「ザ・シンプソンズ」25周年記念でキングのアクション・フィギュアが!? »

2014/05/13

ジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の目玉に!?

2014年5月8日に小学館文庫より翻訳が出版されたジョー・ヒルの「NOS4A2」だが、小学館文庫の中吊り広告を見ると「NOS4A2」が今月の新刊の目玉のような印象を受ける。

小学館文庫の中吊り広告より
なんとジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の中吊り広告のど真ん中に!

どうですか。
「NOS4A2」はど真ん中で、しかも色が変わってますよ。
これは小学館文庫の目玉だと考えても良いレベルでしょ。

さて、気になる「NOS4A2」の内容ですが、いくつか紹介しましょう。

ガブリエル・ロドリゲスの装画は怖いです。
・献辞は母タビサ・キングに。
・構造はキングの某作品を踏襲。

余談だけど、『幕間 エクスタシーの精霊』とは『Spirit of Ecstasy』で、ロールス・ロイスのオーナメントのこと。

大友克洋の「ハイウェイスター」の表紙でもおなじみですね。

大友克洋の「ハイウェイスター」の『Spirit of Ecstasy』はUSAFのヘルメットをかぶっている。

ところで、ロールス・ロイスのモデル名は、なぜ化物の名前が多いんでしょうか。

因みに、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」「長いお別れ」)の冒頭に登場するロールス・ロイスはシルヴァー・レイス。(村上春樹訳では、ロールズロイス・シルバー・レイス)

どうやら「NOS4A2」には1938年型ロールスロイス・レイスが登場するらしい。


|

« 前田建設ファンタジー営業部vs.ドーム | トップページ | 「ザ・シンプソンズ」25周年記念でキングのアクション・フィギュアが!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/59632912

この記事へのトラックバック一覧です: ジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の目玉に!?:

« 前田建設ファンタジー営業部vs.ドーム | トップページ | 「ザ・シンプソンズ」25周年記念でキングのアクション・フィギュアが!? »